2016年

11月

18日

反対咬合の治療をお考えの方のご参考になるケースのご紹介

反対咬合の治療を歯列矯正で考えている方の参考になるページを作成いたしました。反対咬合の治療をお考えの方はご参考になさってください。

 

反対咬合の方は顎変形症である場合があります。顎変形症の方の場合は、通常外科矯正治療をお勧めしております。歯列矯正治療のみでは骨格的な改善がそれほど起こりません。そのため、顎変形症と診断された方は外科矯正治療をされることをお勧めします。

 

今回の反対咬合の治療のページでは顎変形症でない方で外科矯正を行っていない方の治療例をご説明しております。通常の歯列矯正治療の範囲での治療をご紹介させていただいております。(増骨矯正やインプラント矯正は普通におこなっております)

 

反対咬合のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839