2016年

11月

23日

矯正モニターの注意 歯周病は矯正前に治療が必要です。

矯正と歯周病
矯正と歯周病

成人の方で矯正をお考えの方は、歯周病の確認をする事が必要です。歯の周りの支えている骨が吸収している場合は、矯正治療前に歯周病の治療を行っておかないと骨の吸収が進行してしまい歯茎が下がる上に歯が揺れてしまいます。

 

 

歯周病の方は矯正中もしっかりとお掃除する事が必要です。

矯正治療中は治療と言うより予防と言う事になります.虫歯や歯周病の状態が悪化しないようにお掃除を行います.


矯正治療前の歯周病の治療をなるべく早くしたいと言う方は歯周内科治療を併用した歯周病治療がおすすめです。初期の段階で歯周病菌が減りますので、歯周病治療の期間を短縮する事が出来ます.詳しくは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


歯周内科のページ

 

また、矯正治療と歯周病に関する注意事項は下記のリンクページに記載させて頂いております.特に成人の方は歯茎が腫れたまま矯正治療を行う事は歯周病のリスクを高めますのでご注意ください.

矯正と歯周病のページ

 

歯周病治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839