2016年

11月

27日

部分矯正をスピード矯正で行ったケース

前歯の部分矯正をスピード矯正法で行った場合,場合によっては2週間に一回の頻度でお越しいただいております.2週間に1度お越しいただく事で通常の半分の期間で行程が進む事があります.

 

それは、歯の移動スピードが通常の2〜3倍のスピードで移動しますので、初期の頃は調整間隔を短くして、装置のくっつけられなかった部分装置を付けたりにやワイヤーの固さを変える間隔を短くする事ができるためです。

部分矯正の1ヶ月での移動について

前歯のスタンダード装置での部分矯正をスピード矯正で行っています.3月18日の段階ではまだ装置が付けられない部分があります。バネで矯正装置を付ける隙間を作っている段階です.通常1ヶ月後に隙間ができた段階で装置を付ける事になりますが,スピード矯正法では2週間後に矯正装置が付けられるようになりました.

部分矯正
部分矯正

4月22日の状態。約1ヶ月で付けられなかった部分の矯正装置が入りました.歯の並びも並んできました.この後は上下の歯が噛むように調整していきます.


部分矯正治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

部分矯正のページ


また、部分矯正治療を希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにてお口の中を拝見して治療方法のご説明,お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

上を審美歯科治療で治して、下を部分矯正で歯並びを治す方法だと短期間に出っ歯の状態が治る場合もあります.