2016年

11月

30日

矯正モニターの方 歯の無い部分はインプラントが必要な場合があります.

奥歯を何本か抜いてしまっている方の矯正治療は通常の矯正治療が難しく、奥歯を噛むようにしてから矯正装置を入れる必要がある事があります.

奥歯が噛んでいないと歯が動かない事があるためです.

インプラントって何かわかりますか?

歯の無い部分
歯の無い部分

成人の方で矯正治療をお考えの方は歯の無い部分があると場合によっては治療が進まない場合がありますのでご注意ください.


歯の無い部分はインプラントなどの歯を入れてから矯正治療を行う必要がある場合があります.奥歯の噛み合わせが低くなってしまっている場合や、歯の無い本数が多い場合はインプラントなどの方法で奥歯を噛むようにする必要がある事があります.


写真はインプラントの上に金属の土台を入れた状態です.この土台の上に仮歯を入れて矯正装置をお付けする事になります.ここで使用するインプラントは矯正用のインプラントではなく、歯の代わりに使用する人工歯根と言われているインプラントになります.


インプラント治療は保険外治療となります。当院ではインプラント治療も相場より格安の料金で行っておりますので合わせてご相談ください.


インプラントの仮歯
インプラントの仮歯

上の写真の土台に仮歯を入れた状態。

この仮歯に矯正装置を付けて歯を動かしていきます.

矯正モニターをご希望の方で歯の無い部分のある方は、無料カウンセリングを行っております。まずは、無料カウンセリングにお越し下さい。顎の骨の状態を確認して、矯正治療、インプラント治療の方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

矯正治療と虫歯についてのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839