2016年

12月

10日

成人の方の矯正治療は歯茎が下がるのを予防します。

歯科用CTで顎の骨の確認
歯科用CTで顎の骨の確認

成人の方が矯正をされる場合,骨の成長が無いため,歯並びを広げて並べる場合,顎の骨がないと歯の根っこが顎の骨から飛び出してしまい、歯茎が下がってしまいます。

歯茎が薄い場合は、矯正前に骨を増やす増骨矯正法を行うかどうか判断する必要があります。

顎の骨の確認に歯科用CTを撮影する場合もあります。

特に前歯の歯茎は下がりやすいため、しっかりと検査する必要があります。

 

矯正治療を行った方の中には歯茎が下がって悩まれている方も多いようです。歯茎を回復させて再生させる治療のみを行いにご来院される方も数多くいらっしゃいます。歯茎の再生させる治療は保険のきかない治療となりますので、料金・治療方法のご説明が必要になります。まずは無料カウンセリングにお越しいただいております。

 

歯茎の退縮に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。


歯茎の退縮のページ


また、ただいま矯正モニターを希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。お口の中を拝見したうえで治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120-25-1839

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療は、歯茎がさらに下がってしまう可能性があります。