2016年

12月

15日

矯正モニター治療前に虫歯の確認が必要です。

矯正モニター治療を開始する前に虫歯の確認をしております。


矯正治療中に虫歯が痛んだりして装置を外すことになると治療期間が長くなってしまいます。矯正治療中に問題を起こしそうな虫歯に関しましては治療を行ってから矯正治療を行うことになります。

こんな虫歯もあります。

歯列矯正モニターと虫歯
歯列矯正モニターと虫歯

神経を抜いた歯の虫歯は歯茎の中深くまで進行してしまっている事があります。

 

歯列矯正モニターで治療をお考えの方もお写真のように虫歯が深い場合、先に虫歯をきれいに取り除いて土台と仮歯を入れてから矯正治療を行う事になります。

 

深い虫歯は矯正より先に歯茎の整形を行う事もあります。

 

これは、矯正中に冠を外したりすると治療期間が大幅に延長してしまうためです。矯正前に、神経を抜いた歯の状態が良いか確認をする必要があります。

 

小さい虫歯は矯正中に治した方が歯を削る量が少なくて済む場合もあります.矯正治療中の虫歯に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.虫歯が気になる方はクリックしてご覧ください.

 

矯正治療と虫歯の詳しいページ

また、矯正治療をご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921