2017年

1月

14日

増骨矯正法で顎の幅の狭い方でも歯を抜かずに矯正します。

あなたの歯並びが悪い原因はあごの大きさかもしれません。


矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療するものと思われている方も多いのですが,極端な出っ歯など口元の出てしまっている場合を除いて基本的に歯を抜かずに矯正治療を行っています.

 

何の工夫もなく歯を抜かずに矯正治療を行うと出っ歯になってしまいますので、奥歯の歯並びを広げたり、奥歯を奥に引っ張ったりして前歯が出っ歯にならないようにする必要があります.

 

奥歯の歯並びを広げたり、矯正用のインプラントで奥歯を奥に引っ張る事で、歯が並びきらなかった歯並びを歯を抜かずに並べる事ができる可能性があります.

 

通常、矯正治療を行う場合,歯の位置は顎の骨の幅の範囲で移動させることになります。

 

増骨矯正法は、骨を矯正と同時に作ることで顎の幅の狭い方の場合でも幅を広げる矯正を行うことができます。

 

増骨矯正法によって、顎の幅を広げるように歯並びを広げても歯茎が下がるリスクが抑えられます。これは、歯の根っこの周りに顎の骨があるため,顎の骨が歯茎を支えて歯茎の下がるのを予防するためです。

 

増骨矯正法でなるべく歯を抜かずに治療を行うことができる場合があります。増骨矯正に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

増骨矯正のページ

 

また、歯列矯正を希望される方はただいま無料カウンセリングをおこなっております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921