歯科矯正Blog 矯正前の親知らず抜歯について

基本的に横に倒れて生えている親知らずは抜きましょう


矯正治療を行う場合、親知らずが歯の移動を阻害してしまうことがよくあります。矯正治療前に潜っている親知らずを抜くようにお勧めしています。通常,歯を抜かずに並べる場合,奥歯を奥にさげて歯の並ぶスペースを作る必要がありますので,親知らずを抜いてから矯正治療を行う事になります.

 

親知らずは基本的にきれいに生えず、噛み合わせに悪い影響を与える場合が多いので、早めに抜いて頂くようお勧めしています。

 

また、親知らずが原因で歯周病などが発生するリスクもありますので,潜っている親知らずは早めに抜かれた方が良い場合がほとんどだと思います。

 

親知らずの抜歯は大学病院を紹介しております。


矯正治療モニターに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.

 

矯正モニターの注意について

 

部分矯正やマウスピース矯正の場合は特に親知らずの抜歯はしなくても影響がほとんどないでしょうから、急いで抜く必要はありません。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。