歯茎が下がった方の矯正治療

矯正治療をお考えの方の中で歯茎が下がってしまっている方がいらっしゃいます.


歯茎の下がったまま矯正治療を行うとさらに歯茎が下がってしまう事が多いため、歯茎を回復させてから矯正治療を行う事をお勧めしております.

歯茎が下がってしまった方の矯正治療例

歯並びを気にされて来院されました。

歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。

歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。

左の写真から1か月後の状態

上の歯には白い審美矯正装置を使用しています。また、前歯の形は削って丸くしています。

下の前歯は仮歯にしています。

通常の矯正治療ではこの結果は出ません。


成人の方の矯正治療をする場合歯茎の状態をしっかりと確認しないと、大変なことになることがあります。

歯は並んでも、歯茎がすごく下がってしまい、歯が長くなることがあります。歯茎が下がってしまうと、見た目の問題以上に、歯の周囲の支えている骨や繊維もなくなりますので、歯の寿命が短くなりますので問題です。

矯正前にしっかりと歯茎の再生を行うことで、歯茎が下がらなくすることが重要です。

 

骨の状態を確認するためにCTを撮影することもあります。

 

成人矯正のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。