2017年

2月

17日

矯正後の歯と歯の間の隙間を埋める方法

矯正治療後に歯と歯の間の歯茎が下がってしまう事があります.歯茎の下がり具合にもよりますが,通常歯茎を回復させる事が難しいため,歯と歯の間に詰め物をして目立たなくします.


変色しにくいハイブリッドセラミックのペースとで歯と歯の間を埋めたケースのご紹介です.

歯と歯の間の隙間を埋めたケース

矯正治療の後、歯と歯の間に隙間ができてしまう事があります.ブラックトライアングルと言って黒く見える隙間のため,気にされる方もいらっしゃいます.


こういった場合は、歯ぐきの再生治療が難しいため、歯と歯の間に詰め物をして隙間を埋める事を行っています.

歯と歯の間をハイブリッドレジンと言う詰め物で詰めて隙間を埋めました.かなり隙間が目立たなくなりました.

 

矯正で歯茎が下がってしまった場合は、このケースのように詰め物をする事で見た目の問題を対処します.

 

歯ぐきの再生治療は歯の根っこが露出した場合に有効です.


歯茎が下がって歯が長くなってしまった場合は、歯茎の再生治療が有効です.下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

歯と歯の間の歯茎の形の整形

歯と歯の間の歯茎が窪んでしまっています.
歯と歯の間の歯茎が窪んでしまっています

歯と歯の間の歯茎が窪んで、隙間に見えます.


ハイブリッドセラミックを入れる事によって歯茎の形を三角形に整形します.

歯茎の形が尖って三角形の形になりました.
歯茎の形が尖って三角形の形になりました.

ハイブリッドセラミックを入れて1週間後の状態。


歯茎の形が整形されて三角形になりました.隙間も埋まりました.


歯の形が少し丸くなっている部分がハイブリッドセラミックを接着した部分になります.