矯正治療中の歯ブラシ方法

矯正治療中に虫歯や歯周病にかかりやすいので要注意です.


矯正治療中は装置が入って歯ブラシがしにくくなってしまいますので、通常より時間をかけて歯ブラシと補助器具を使用して丁寧に磨く事をお勧めしております.

矯正治療中は歯ブラシに注意

歯の矯正治療をする場合、歯に矯正装置を付けます。この矯正装置が、歯ブラシの邪魔になりますので、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

 

矯正治療中の歯ブラシは通常の3倍ほど時間がかかります。通常歯の表・裏・噛む面の3面を意識すればよかったものが、それに装置の上下左右が追加になるうえ、歯と歯の間にものが詰まりやすくなりますので、歯の左右も磨く必要があります。そのため、お時間は普通の3倍ほどかかると思っていただいた方が良いと思います。

 

お忙しい方は、音波式の電動歯ブラシをお勧めしています。音波式の歯ブラシはパワーがあるので、長時間同じところを磨き続けないように注意してください。2~3秒当てれば十分です。手で磨く場合は1か所20回こする必要があるので、音波式の電動歯ブラシは時間短縮になります。毛先は柔らかいものを選んでください。

 

矯正中は、糸ようじや、親知らず用の小さい歯ブラシなどを使用して装置の間を磨いてください。

 

矯正治療と歯茎の退縮

 

矯正治療中は、虫歯の予防にフッ素入りの歯磨き粉を使用することと、できればフッ素入りのうがいを使用してください。フッ素によって虫歯の予防効果が高まります。

 

矯正期間中に清掃状態が悪いと思われたら、歯科衛生士による専門的なクリーニングをお勧めすることもあります。30分で3000円(税別)の料金となります。


矯正モニター治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングは御予約制となります.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上      JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921