2017年

3月

05日

反対咬合のモニター矯正治療

反対咬合とは下の顎や下の歯が上の顎や上の歯より前に出てしまっている事を言います.しゃくれているなどと言う場合もあります.

 

反対咬合が骨格的な問題による場合は、外科的な矯正治療と言って入院して顎を切る方法をお勧めする事もありますが,骨格的にそれほど問題の無い場合は、あまり入院してオペまでしたくないと言う方も多いでしょう。

 

当院では、反対咬合の方のなかでも、外科的な矯正治療をしなくても良い方を対称に矯正モニター料金での治療を行っております.反対咬合の治療は比較的短期間に治療が終わります。

反対咬合の矯正モニターケース

噛み合わせが下の前歯の方が前に出ている反対咬合と言われる状態です.矯正モニター治療で歯列矯正を行いました.

歯茎が薄く歯と歯の間の隙間が大きくなってしまっているのを調整しながら矯正治療を行います.

増骨矯正法で前歯の歯茎の内部に人工の骨を入れて反対咬合の治療を行いました.歯茎の厚みが少し改善しました.歯と歯の間の隙間も歯列矯正中に調整して少なくしました.

 

矯正モニター治療に関しましては下記のリンクページに条件など詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.


矯正モニター治療のページ


反対咬合の矯正モニター治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングのご予約をお取りください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839