歯茎が下がっていても矯正治療が出来ますか?

成人の方で歯茎が下がってしまっている方は、そのまま矯正治療をする事はお勧めしておりません.


歯茎が既に下がってしまっている方はまずは歯ぐきの再生治療を行って、歯茎を回復させてから矯正治療を行う事をお勧めしております.既に歯茎が下がってしまっている場合はそのまま矯正治療を行う事でさらに歯茎が下がってしまう可能性があります.


歯茎が下がってしまうと歯周病の炎症を起こすリスクが高まってしまいますので、矯正治療中に問題を起こしてしまうかもしれません.

矯正前に歯ぐきの再生治療を行うケース

歯茎が下がってしまったときの矯正治療
歯茎が下がったときの矯正治療

矯正モニター治療を検討されている方は、歯茎の状態も確認してください。歯茎が下がってしまっている場合、矯正治療を行う事でさらに歯茎が下がってしまう事があります.特に歯茎が薄い方の場合は歯茎がさらに下がりやすい状況と言えます.特に成人の方が矯正治療を行う場合は歯茎が下がりやすいので要注意です.

 

お写真のようなケースでは、矯正治療前に歯茎の再生治療を行う必要があります.

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎を再生させて回復し、歯茎の厚みを増した状態。歯茎が下がらないように歯茎の再生を行って歯茎を回復させて厚みを増して歯茎が下がりにくいようにしました。

 

この状態の歯茎でしたら歯茎が下がりにくくなります.ただ、歯を支えている骨もないため、歯を抜かずに治療をする場合,増骨矯正法が必要になります.

 

矯正治療と歯茎の退縮に関するページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839