顎の幅を広げるための増骨矯正法

顎の幅を少し広げることができると歯を抜かないで済むかもしれません。


顎が小さい場合は顎の骨を増やすことで歯並びが凸凹している状態でも歯を抜かずに並べることが可能になります。

歯を抜かずに増骨矯正法

上あごが小さくて歯が並びきらない方
上あごが小さくて歯が並びきらない方

歯の並んでいる顎の骨の幅が上下で異なり、上あごの骨の幅が狭いケースです.上あごに並んでいる歯を広げて前歯を外に押し出す矯正治療を行いますが,単に拡大装置を使用して歯を並べると顎の骨の外に歯が並んでしまう事で、歯茎が下がってしまうリスクが高まります.また、歯が斜めに傾いて並ぶと後戻りのリスクもあります.

 

このケースでは顎の骨の幅を増やして歯を並べる方法をとりました.

増骨矯正法
増骨矯正法

上あごの骨の骨の幅を増やして矯正治療を行った状態.

顎の骨が増えたため、歯を抜かずに歯が並びました.

 

噛み合わせの関係を考えると歯を抜かずに矯正治療を行う事がおすすめです.ただし、口元の改善を行う場合などに歯を抜く必要がある事もあります。できるだけ口元をさげたいと言うご希望の場合は歯を抜く事もご検討いただく必要があります.


歯列矯正のページ