2017年

4月

06日

歯列矯正中に隙間ができてきたら歯間ブラシの使用も必要な場合があります。

矯正治療によって歯の重なってしまっている部分が並んできたら、歯と歯の間に隙間が出来てくる場合があります。


歯と歯の間の隙間はお掃除がしにくくなりますので、歯ブラシには気をつけて行う必要があります。

歯間ブラシ
歯間ブラシ

矯正治療中は歯ブラシが困難になりますので、特に装置周りのお掃除をしっかりとする必要があります.お掃除が上手くいかない方は、装置周りの虫歯や歯周病が発生してしまう可能性が高まってしまいます.


矯正治療中は通常の歯ブラシだけではしっかりと磨けない場合があるのでお掃除の補助装置の使用をお勧めしております.


歯と歯の間に隙間ができてしまってきた場合はお写真のような歯と歯の間を磨く器具を使用したほうが汚れを落としやすく場合があります。

 

歯と歯の間の汚れは通常の場ブラシでは落とせないため、歯間ブラシなど専用の器具を使用されると効率よく清掃を行うことが可能です。

 

歯列矯正中の歯ブラシについてのページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839