歯茎の薄い方の増骨矯正法

歯茎が薄いケースや歯茎がすでに下がってしまっているの歯を無理に矯正治療で動かすと歯茎が下がってしまう場合があります。


歯茎が下がってしまうだけでなく、歯を支えるあごの骨も下がってしまっている場合が多くあります。


そのため、矯正治療を行う場合、歯茎が薄く骨が無い場合は増骨矯正法を行うことをお勧めしております。

増骨矯正法は歯茎の中に人工の骨を入れて骨の厚みを増す方法です。

 

矯正中に歯茎が下がってしまう事でご相談を受けます。矯正中に歯茎が下がらないように予防する意味で増骨矯正法はおすすめです。また、矯正中で歯茎が下がってしまった方はさらに歯茎が下がって回復できなくなる前にご相談ください。


増骨矯正法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。増骨矯正法に関してご興味のある方はクリックしてご覧ください。

 

増骨矯正法のページ

 

ただいま、無料カウンセリングを行っております。歯科治療の問題は先延ばしにすればするほど治療が難しくなり、かかる費用も急激に高くなってしまいます。お早目に行動されることをお勧めしております。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯茎の薄い方は、歯茎の上から歯の根っこの位置が確認できるほど歯茎や骨が薄い場合がよくあり

ます。

上のシェアボタンのクリックもお願いいたします。