矯正治療で歯茎が下がってしまった方へ回復する治療の紹介

矯正治療後に歯茎が下がって歯が長くなってしまった方は歯が抜けてしまうのではないかと心配される事が多いようです.


数ミリ程度の歯茎が下がってもすぐには歯が抜ける事にならないのですが,それ以上歯茎が下がって来てしまったりした場合は放置しておかない方が良いと考えられます.


一度失われた歯茎は自然には回復しません.


単に見た目の問題ではなく、歯を支える歯茎が無くなってしまう健康上の問題ですので、進行してしまったときはそれ以上歯茎が下がらないようにするか、回復させる事が必要になります.


歯茎が下がってしまった方の治療方法は歯茎の再生治療をおこないます。

矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース
矯正治療後に歯茎が下がってしまったケース

歯茎が下がる原因はいろいろあります。歯ブラシが強い、歯ぎしりが強い、歯茎が薄いなどの理由があります。

 

1つの原因と言うよりいくつかの原因がくみ合わさって歯茎が下がるようです。はっきりと基準がある訳ではありません。

 

矯正治療も原因の一つと思われます。矯正治療で歯並びを治すと骨の無いところに歯の根っこが動く事がありますので、上の写真のように歯が長くなってしまう事があります。

 

通常矯正治療前に顎の骨の厚みを歯科用CTなどで確認する事は無いので、骨の厚みを確認できず、骨の薄いところに歯を並べてしまうと歯茎が下がりやすくなってしまいます。

 

こういったケースの歯茎の下がりは歯茎の再生治療で回復させます。


矯正治療で歯茎が下がってしまった方の治療ケースや方法のご説明、は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

矯正治療と歯茎の下がりの詳しいページ


また、矯正治療で歯茎が下がって歯茎の再生治療を行いたいという方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921