前歯の凸凹と少し顎が前に出ている歯並びの矯正モニター治療

前歯が凸凹で少し下の歯が前に出ているため、歯がすり減って前歯の長さが短くなってしまっています.


こういったケースでも矯正モニター治療が可能です.急速矯正法を行う事で歯の移動が早くなります.このケースでは急速矯正の処置を行ってから9ヶ月程で装置を取り除きました.


少し下の歯並び全体が前に出ていますので、矯正用のインプラントを使用して、全体的に後ろに下げて歯を並べています.

前歯の削れてしまっていた部分はレジンと言う光で固まる詰め物で長さを調整していますが少し歯の長さが左右で異なるので矯正装置を取り除いてから3ヶ月程待ってから、歯茎の再生治療や整形治療できれいにする事が可能です.


矯正モニター治療では急速矯正法の治療を通常の矯正治療の相場より安く行う事ができます.(急速矯正法は通常では非常に高額な矯正治療法です.スピード矯正などと言われています.)


矯正モニター治療の詳しいページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


矯正モニター治療のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839