歯科矯正専門ページ


当院では、患者様のニーズに合わせて矯正治療のメニューを用意しております。

 

例えば、あごの変形などがない単純な矯正治療を当院通常価格より安く・短期間で終了する総額¥398,000−のモニター矯正治療や、マウスピース矯正を短期間で終わらせるマウスピーススピード矯正など、特徴的な治療オプションを用意しています。

 

成人矯正の方は、歯茎の再生治療など歯茎が下がるのを予防しながら治療することも可能です。

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839


ご興味のある写真や文字をクリックしてください。

 

 

 

 

料金・費用

 

 

 

 

急速スピード矯正

 


インプラント矯正

お問い合わせ

無料カウンセリング



神田ふくしま歯科の矯正治療の特徴

 


歯並びを矯正治療で治す


歯並びの気になる方、一度は矯正のことを考えたことがあるのでは?

 

いろいろな理由で矯正をされなかったのだと思います。

例えば、装置が見えるときになる・期間が2年ほどかかる・料金が100万円近くかかるなど矯正を始めるハードルは高いものでした。

 

今、見えない矯正・移動が2~3倍のスピードで動く急速矯正・50万円を切る矯正価格など、矯正相場が下がってきているのではないかと思います。

 

若い方だけではなく、大人の方も、歯並びは歯周病の予防に重要になります。歯並びが悪いと歯磨きができない部分も多くなり、歯周病が進行しやすくなります。歯周病の治療の一環で矯正治療を行うことはとても重要になります。

 

 


歯科矯正トピック 矯正モニター料金

矯正モニター
矯正モニター

急速矯正法の矯正モニターを希望の方はモニター料金で治療を行います。調整料金込みの総額¥398,000−〜のモニター料金です。

 

詳しくは下記のリンクページをご覧ください。

 


歯科矯正トピックス 矯正と歯茎

矯正と歯茎退縮
矯正と歯茎退縮

歯茎が薄い方の矯正治療を行うと矯正後に歯茎が下がってしまう事があります。歯茎や骨の薄い方は、矯正治療を行うときに要注意です。歯茎の再生法や、増骨矯正法など、歯茎が下がりにくくする方法の紹介いたします。

 

矯正と歯茎の退縮のページ


歯科矯正トピック 矯正装置

歯科矯正装置
歯科矯正装置

歯列矯正の装置は何種類かありますので,その中から、料金と見た目と使用方法をご自身の状況に合わせて選ばれると良いと思います。



歯科矯正トピックス 急速スピード矯正

スピード矯正
急速スピード矯正

矯正治療は歯に力をかけて移動させる治療方法です.歯の移動が早くなればその分治療期間が短くなります.スピード矯正はお忙しい成人の方に特におすすめの方法です.コルチコトミー法という方法を行い歯の移動を早くします.


~矯正治療の注意~

 

矯正治療は保険外診療となります。病院によって料金システムや、装置などの料金が異なります。そのため、治療にかかる総額をご確認する必要があります。当院では、無料カウンセリングにて料金のお見積りをいたしております。治療を開始される前に必ずご確認ください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口から徒歩1分

 

03-3251-3921

0120-25-1839



歯列矯正ブログ

矯正治療後に歯茎の再生治療で歯茎の下がりを治します.

矯正治療中に歯茎が下がってしまった場合、矯正治療後に歯茎の再生治療を行います。

 

矯正治療後の歯の揺れが止まってから下がってしまった歯茎の再生治療を行っております。


矯正治療後に歯茎の再生治療を行なったケース

矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が回復します.
矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が回復します.

矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が回復します.

 

お写真は矯正治療後の歯茎が下がってしまった状態です。

矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が回復します.
矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が回復します.

歯ぐきの再生治療を行う事で、歯茎の厚みが増し,下がってしまった歯茎が回復して歯の根っこの露出部分を覆います.

歯ぐきの再生治療に関して詳しく知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


歯ぐきの再生治療のページ

続きを読む

成人矯正をするときに歯周病にならないようにしましょう

矯正治療中に歯周病が進行してしまうことがあります。

 

成人の矯正治療を行うとき一番問題となるのが歯周病です。歯周病が進行している部分の矯正治療を行うとき、炎症があると矯正治療中に歯周病が大幅に進行する可能性があります。

 

矯正治療を開始する前に知っておく必要があるのは、矯正治療中は歯ブラシがしにくくなりますので、よりしっかりと歯磨きの管理をしなくては歯周病が進行するリスクが高まってしまうと言う事です.

 

矯正治療を行う前に歯周病の炎症がなくできれば歯周ポケットが正常な状態にしてから、矯正治療を行うことが理想です。

 

歯並びが悪い場合、歯石を取るのも難しい事があります。そういった場合は炎症を抑えてから矯正をして矯正後に歯周病の外科的な治療を行う場合もあります。

 

成人矯正と歯周病

 

矯正治療中に歯ブラシの状態の悪い方は矯正治療とは別にクリーニングをお勧めする事があります.歯石がついてしまっていたり汚れがついていると歯の移動を妨げてしまう事もありますので、お掃除する必要があります.矯正期間中のお掃除は保険がきかない治療となりますので、現在30分で3000円(税別)とさせていただいております.

 


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。


歯周病や矯正治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です

続きを読む

矯正中の虫歯について

矯正治療をしたいけど、虫歯の治療はどうすれば良いの?という方へ

 

矯正治療中に虫歯が進行してしまいそうな虫歯がある場合、あるいは虫歯の治療中のこともあるかと思います。虫歯の状況によって治療の順番も決める必要があります。

矯正治療前の虫歯

矯正治療前に虫歯の治療をした方が良い場合があります。

 

特に矯正中にお痛みが出そうな虫歯は矯正治療前に治療していただいております。


矯正モニターをお考えの方は虫歯についての注意をご確認ください.

 

矯正治療期間中に虫歯の痛みが出る可能性のある歯は、基本的に、装置を付ける前に治療します。歯にかぶせるような治療や、歯の根っこの治療は矯正中に悪化してしまうこともありますので、矯正前に行います。

 

ただ、範囲の狭い歯を覆う必要のない虫歯や歯と歯の間だけの虫歯は矯正中に治療する方が良い場合があります。

 

神経を抜いた歯の虫歯や、歯の根っこが膿んでしまっている場合は矯正前に治療を行います。歯茎の中の膿が広がらないようにするためには重要になります。

 

差し歯の治療や大きな銀歯の治療に関しては矯正治療が終わった後に行います.

 

詳しくは、成人矯正のページへ

 

部分矯正治療を行う場合など、装置を付けない部分の虫歯の治療に関しては、矯正治療が終了してから治した方が良い場合が多いです。矯正装置を付けていない部分のかみ合わせがかみ合わせの基準になりますので、部分矯正治療でかみ合わせが変化をしないように確認するためです。

 

お痛みのある場合は、お痛みを取る治療を行った上で最終的な治療に進まずに、仮の治療で止めておく事になる場合もあります。

 


続きを読む

八重歯の矯正治療をモニター価格で

八重歯を治療したいとお考えの方で、矯正治療を希望される場合は、モニター価格での治療が可能かもしれません.

 

八重歯は犬歯が入る隙間が無かったために、歯並びから外れて横に並んでしまっている状態です.抜かない限り審美歯科治療などの方法を行っても歯茎の位置が改善しません.そのため、きれいな歯並びに見えるようにするためには矯正治療を行う事がお勧めになります。(ただし、審美歯科を行う際に歯茎の位置をそろえるために八重歯を抜く事は基本的には賛成しません.噛み合わせに重要な歯ですので)


八重歯の治療を矯正モニターで

八重歯を矯正モニターで
八重歯を矯正モニターで

お写真のような八重歯の場合も矯正モニター料金での治療が可能です.成人の方の場合,期間が短いなら矯正したいと言う方も多いのではないでしょうか。

 

矯正モニター治療では短期間に終わるスピード矯正法を行っております.また、矯正治療の料金も通常の矯正治療の料金より格安で行えます.

 

矯正モニターの料金と矯正装置に関しては詳しいページをご覧ください.

矯正モニターのページ

 

矯正治療を悩まれている方は無料カウンセリングも行っております.この機会に矯正モニターを検討されてはいかがでしょうか?

 

 


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

続きを読む

あなたも従来の矯正装置より目立たない矯正装置を入れたいと思いますか?

しっかりと装置をつけて矯正治療をする場合でも目立ちにくい矯正装置があります。

 

今は、マウスピース矯正のような目立たない矯正装置が大人気ですが、マウスピース矯正では治せない噛み合わせも多く存在します。しっかりと矯正治療を行うにはやはり装置を歯に接着してワイヤーで動かすことが必要になることがおおいです。

 

ただ、矯正の装置は、昔のように歯につける装置が金属のみを使用したりはしなくなってきました。前歯や小臼歯の部分は透明な装置を歯につけていますので、それほど目立ちません。ワイヤーも通常はシルバーのものを使用しますが、白いものもあります。

 

装置でお悩みの方は矯正装置をご覧ください。

 

当院の装置は現在、大きい奥歯奥から2本のみは金属の装置を使用しております。見える部分の装置はすべて白い装置を使用しております。それほど装置に関しては目立たないものではあります。


矯正治療の装置

スタンダード装置
スタンダード装置

スタンダードな矯正装置でもそれほど目立たなくなっています。歯に付ける装置がセラミックの白い物になっているからです。

 

お写真のように、前歯の部分はワイヤーが2本入っているだけで、装置は透明なものですので目立ちません。

 

期間もマウスピース矯正より短縮しますし、治療の結果はワイヤーの方がよく仕上がります。


続きを読む

矯正モニターの注意 矯正治療を行う場合、顎の骨の幅を広げる必要があるケース

歯を抜かずに矯正治療ができる場合があります。

 

従来、顎の骨の幅がない場合,歯を抜いて顎のある位置に歯を並べる事が一般的な治療として行われています.これは、顎の骨の発育が終わった成人の矯正治療では顎の骨のある範囲でしか歯を並べる事ができないためです。

 

顎の骨のないところに歯を並べると、歯茎が下がった長い歯になる事が考えられます.歯が長くなるだけなら良いのですが,歯の周囲の組織が無くなる事は歯周病のリスクを高めてしまってよくありません.そのため、歯を傾斜させて並べたりして、なんとか骨のないところに並べる工夫をする必要があります.

 

今回ご紹介する方法は、顎の骨がなくても歯を抜かずに、顎の骨を作る方法です.近年顎の骨を作る方法が確立されたために、矯正治療の方法の選択肢も増えてきました.


顎の骨の幅を広げて矯正治療

歯を抜かずに骨を広げて矯正治療
歯を抜かずに骨を広げて矯正治療

上あごの骨の幅がないために上の歯より下の歯の方が外側に並んでしまっています.きれいに上の歯を下の歯を覆うように並べるには、顎の骨の幅が足りません.

 

また、歯茎が薄く歯茎が下がってしまっています.こういったケースでは、歯並びを広げる事で、歯茎が下がってしまうリスクが高まります.

 

こういったケースで、増骨矯正法が有効となります.顎の骨を増やす事で歯茎が下がるのを予防します.

歯を抜かずに骨を広げて矯正治療
歯を抜かずに骨を広げて矯正治療

上あごの骨を増やす事で、歯を広げて並べても歯茎の下がりを押さえる事ができています.今後は矯正装置を取り除いた後に、歯茎の再生治療を行い、下がった歯茎を回復させます.

 

増骨矯正法のページ


続きを読む

歯茎の退縮した方の矯正治療

矯正治療後の見た目を良くするために、矯正治療をする際に歯茎のこともチェックする必要があります。

 

歯茎が退縮してしまった方が矯正治療を行う場合,矯正治療によってさらに歯茎が退縮してしまう事が考えられますので、矯正治療前に歯茎を回復させる歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.

 

歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させると歯茎の厚みも増しますので、矯正治療中に歯茎が退縮する事も予防できます.


歯茎の退縮予防に増骨矯正法

矯正治療を行うとき、たとえば歯を抜かずに並べる場合、あごの骨がない部分に歯を動かす必要がある場合があります。顎の骨は歯の移動でほとんど増えませんので、通常顎の骨のある範囲に通常は歯を移動します.

 

顎の骨の無いところに歯を動かさなくては行けない場合、あらかじめ歯を動かすところに骨を作る増骨矯正法を行います。骨の無い所に歯を動かすと歯茎が退縮してしまうためです.

 

タイミングとしては、矯正装置を入れた直後に骨を入れます。そして骨を増やした部分に歯を移動していきます.この方法によって、歯を抜かなくて矯正治療が可能な範囲が増えてきます.

 

顎の骨を増やす事で、矯正後に歯茎が下がる心配が少なくなります.元々歯茎が下がってしまっている方は、矯正中に顎の骨を増やして、矯正治療後に歯茎を回復させる治療を行っております.

 

増骨矯正法のページ

 

 


増骨矯正法がおすすめのケース

続きを読む

矯正後の歯と歯の間の隙間を埋める方法

矯正治療が終わってホッとしていたのに、今度は歯と歯の間の隙間の穴が気になりだしてしまったという方へ。

 

矯正治療後に歯と歯の間の歯茎が下がってしまう事があります.歯茎の下がり具合にもよりますが,通常歯茎を回復させる事が難しいため,歯と歯の間に詰め物をして目立たなくします.

 

変色しにくいハイブリッドセラミックのペースとで歯と歯の間を埋めたケースのご紹介です.


歯と歯の間の隙間を埋めたケース

歯と歯の間にできた隙間の治療
歯と歯の間にできた隙間の治療

矯正治療の後、歯と歯の間に隙間ができてしまう事があります.ブラックトライアングルと言って黒く見える隙間のため,気にされる方もいらっしゃいます.

 

こういった場合は、歯ぐきの再生治療が難しいため、歯と歯の間に詰め物をして隙間を埋める事を行っています.

歯と歯の間にできた隙間の治療
歯と歯の間にできた隙間の治療

歯と歯の間をハイブリッドレジンと言う詰め物で詰めて隙間を埋めました.かなり隙間が目立たなくなりました.

 

矯正で歯茎が下がってしまった場合は、このケースのように詰め物をする事で見た目の問題を対処します.

 

歯ぐきの再生治療は歯の根っこが露出した場合に有効です.

 

歯茎が下がって歯が長くなってしまった場合は、歯茎の再生治療が有効です.下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療のページ

歯と歯の間の歯茎の形の整形

続きを読む

矯正治療を安くする秘訣は矯正モニター治療

矯正治療を安くやりたいという方は矯正モニター治療というものがあることをご存知でしょうか?矯正モニターは治療の紹介をしていただくためにお安い価格で治療を行うものです。

 

今回、スピード矯正法の矯正モニターを募集しておりますが、この矯正治療法は、成人の方の歯の移動を早くして、治療期間を短縮する方法です。

 

また、矯正治療の価格は通常80万円ほどが相場でしょうか?

歯並びがそれほど悪くない人は、矯正治療を40〜50万円で受けられます。通常、矯正専門の歯科医院では、歯並びの状態に関係なく80万円ほどかかります。当院では、歯並びがそれほど悪くない方を対象に、短期間にスピード矯正治療をモニター価格で行っております。

 

溶菌がお安いのは、なぜかというと歯並びがそれほど悪くない方は矯正期間が短くて済むからです。通常、矯正の専門の医院では奥歯のずれてしまっている患者さんなど時間のかかる方と簡単に終わる方をほぼ同じ料金で治療しています。

 

そのため、難しい治療ケースの型は安く治療ができ、簡単な治療ケースの型は高い料金で治療をすることになります。

 

当院では、簡単な治療と難しい治療に分けて料金を設定させて頂いておりますので、簡単な矯正治療の患者様はかなりの低価格で治療をすることができます。

 

矯正の料金

 

矯正モニター治療をご希望の方は、下記のお問い合わせ先にご連絡ください。お電話の対応は営業時間のみとさせていただいております。

 

 お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

下の歯が出ている場合の矯正モニター治療

下の歯が前に出てしまっている場合があります.通常、顎の発達がかなり良い場合が多いのですが,上あごの大きさが小さくて下の歯が出て見える場合もあります.


上あごの小さい方のための矯正モニター治療のご紹介をいたします.


上あごの小さい反対咬合の治療例

反対咬合の矯正治療
反対咬合の矯正治療

お写真のように下の歯並びはよく並んでいるのに、上あごの歯は並んでいなくて,下の歯が前に出てしまっている事があります.

 

こういった場合は、上あごの大きさが小さいために歯が並びきらなかったと言う事になります.ただ、骨が小さいのに歯を無理に歯を並べる事歯できませんので、顎の骨を増やして歯を並べる必要があります.

 

そのため、矯正モニター治療をお考えの方、お写真のような反対咬合の場合.上あごの骨の厚みを増やす増骨矯正法を行います.

反対咬合の矯正治療
反対咬合の矯正治療

上あごの骨は少し増やして広げる事で、上下ともに歯を抜かずに並べる事が出来ました.

 

また、下の歯並びを少し奥に引っ込める事で歯を抜かずに反対咬合を改善しております。

 

矯正モニター治療を希望される方は下記のリンクページに詳しい注意事項などを記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

矯正モニター治療のページ

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

続きを読む