矯正の装置

矯正治療で使用する装置は、様々な種類がありますが,見た目で分けると、分かりやすいと思います。

 

  • 歯に付ける装置が表にあるものか裏にあるか。
  • 装置の色が金属のタイプか白い透明なタイプか
  • ワイヤーがシルバーを使用するか白いワイヤーを使用するか
  • 歯に装置を付けずにマウスピースを使用するか

といった選択があります。

料金や、日常生活の支障の程度、治療期間、見た目などでご自身に合った装置を選択されると良いと思います。


矯正装置の種類分け


矯正装置
スタンダードな装置

従来のように歯に付ける装置が金属ではなく、透明なブラケット(歯につける装置)を使用します。

使用するシルバーのワイヤーの一本の線が見える程度で装置がギラギラする感じには見えません。

 


審美装置
審美装置

歯の表に付ける装置です。歯に接着する装置は透明の物を使用していますのであまり目立ちません。また、白いワイヤーを使用しますのであまり目立ちません。


矯正装置
裏側矯正

裏側についていますので、表からは見えません。

舌側矯正・リンガルブラケットとも言います。 


マウスピース矯正
マウスピース矯正

歯に装置を直接はあまり付けずに、写真のようなマウスピースという透明なプラスティック製の物を歯にはめて動かす方法です。


その他の矯正装置

矯正治療では、歯並びによって矯正用のインプラントを使用することや、その他の歯を固定するための装置を使用することがあります。

 


矯正装置に関するブログ

噛み合わせをしっかりとさせるためのゴムについて

矯正治療を行う際に、噛み合わせをしっかりと噛ませるために、顎間ゴムと言って上下の歯にゴムをご自身で付けて頂く場合があります.


噛み合わせや顎の位置を治す必要がある場合はこのゴムをしっかりと使用して頂かないと治療の効果が出にくくなります。このゴムは、お食事の時以外の時間はなるべく長時間使用して頂く用にして頂いております.


上下の歯にゴムをかける装置について

顎間ゴム
顎間ゴム

矯正モニターで治療をご希望される方は矯正治療中に上下の歯のずれがある場合,顎間ゴムといって上下の歯に付けたフックにお渡しするゴムをご自身で付けていただく事があります.

 

このゴムを使用する事で上下の歯並びのずれを解消していきます.ただ、どうしても日中ゴムを使用すると生活に支障が出てしまうという事でしたら、なるべく長い時間使用していただく事をお勧めしております.

 

お食事の時や歯ブラシの時以外なるべく長い時間ゴムを使用していただくと歯の移動も大きくなります.

 

そのほか矯正装置に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

矯正装置のページ

あなたも従来の矯正装置より目立たない矯正装置を入れたいと思いますか?

矯正の装置は、昔のように金属のみを使用したりはしなくなってきました。歯につける装置の部分は、白いものを使用しますので、それほど目立ちません。ワイヤーも白いものもあります。

また、マウスピースで矯正する方法もあります.

 

装置でお悩みの方は矯正装置をご覧ください。

 

当院の装置は現在、大きい奥歯奥から2本のみは金属の装置を使用しております。見える部分の装置はすべて白い装置を使用しております。それほど装置に関しては目立たないものではあります。


矯正治療の装置

スタンダード装置
スタンダード装置

スタンダードな矯正装置でもそれほど目立たなくなっています。歯に付ける装置がセラミックの白い物になっているからです。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

03−3251−3921

マウスピース矯正について

当院ではマウスピース矯正を前歯の歯並びの治療のみに使用しております。前歯の凸凹などの少ない歯並びのずれを治療する場合、マウスピース矯正は有効な方法です。

 

目立たずに歯並びを治すことが可能になります。

 

マウスピース矯正を奥歯まで含めて全体の歯並びを1から治すことはあまりお勧めしておりません。

 

全体的な歯並びを治すためにマウスピース矯正をする場合は、通常の矯正治療より期間も料金も余計にかかるため、全体的に歯並びを治したい場合は矯正装置を付けることをお勧めしております。

 

前歯の歯並びをマウスピース矯正で治療する方法は非常に有効です。矯正装置をいちいちつける必要がないので気軽に始めることができます。

 

増すすぴーす矯正治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

マウスピース矯正のページ


マウスピース矯正の治療を希望される方は、無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120-25-1839

03-3251-3921

矯正治療を安くする秘訣は矯正モニター治療

矯正治療を安くやりたいという方は矯正モニター治療というものがあることをご存知でしょうか?矯正モニターは治療の紹介をしていただくためにお安い価格で治療を行うものです。

 

今回、スピード矯正法の矯正モニターを募集しておりますが、この矯正治療法は、成人の方の歯の移動を早くして、治療期間を短縮する方法です。

 

また、矯正治療の価格は通常80万円ほどが相場でしょうか?

歯並びがそれほど悪くない人は、矯正治療を40〜50万円で受けられます。通常、矯正専門の歯科医院では、歯並びの状態に関係なく80万円ほどかかります。当院では、歯並びがそれほど悪くない方を対象に、短期間にスピード矯正治療をモニター価格で行っております。

 

溶菌がお安いのは、なぜかというと歯並びがそれほど悪くない方は矯正期間が短くて済むからです。通常、矯正の専門の医院では奥歯のずれてしまっている患者さんなど時間のかかる方と簡単に終わる方をほぼ同じ料金で治療しています。

 

そのため、難しい治療ケースの型は安く治療ができ、簡単な治療ケースの型は高い料金で治療をすることになります。

 

当院では、簡単な治療と難しい治療に分けて料金を設定させて頂いておりますので、簡単な矯正治療の患者様はかなりの低価格で治療をすることができます。

 

矯正の料金

 

矯正モニター治療をご希望の方は、下記のお問い合わせ先にご連絡ください。お電話の対応は営業時間のみとさせていただいております。

 

 お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

マウスピース矯正をされる方への注意

マウスピースをなくしてしまうと料金がかかってしましますので、なくさないように保管するようにしてください。

 

マウスピース矯正を行っている方は、マウスピースをなくさないように保存していただいております.最近では、犬にかまれてしまってマウスピースを壊されてしまったとか、ゴルフの時に外していたら捨ててしまったとかの理由でマウスピースを再作することもありますのでご注意ください。

 

マウスピースは使用しない時は専用のケースに入れて保存される用にしてください。マウスピースは割れたりしやすいのでマウスピースの上に物を置いてしまったりすると割れてしまいます。また、マウスピースをなくしてしまう方が結構いらっしゃいますので、マウスピースの専用ケースの中に保存されると良いと思います。

 

よく、外食される際にマウスピースをナプキンにくるんで置いていて忘れて帰ってしまって処分されてしまったという事がありますので、マウスピースの専用ケースは持ち歩かれた方が良いと思います.

 

もしなくしてしまった場合は、模型が病院に保存してありますので、ご連絡していただいております。

 

マウスピース矯正治療の症例や料金などは下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

マウスピース矯正のページ

 

マウスピース矯正でも期間を短縮して治療を行うために、スピード矯正を行っております。マウスピースは再作成に1週間程時間がかかりますので、なくさないようにお気をつけ下さい。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です