2014年

9月

22日

歯科矯正時の抜歯について

矯正の抜歯
矯正の抜歯

矯正治療を行う場合、基本的には歯を抜かないように治療を行っています.マイクロインプラントで全体に奥に引っ張ったり、増骨矯正を行ってあごの幅を広げたりします.

 

成人の方の矯正治療の場合、歯茎の状態も確認しながら、歯並びを広げる必要があります。歯茎が薄い場合は歯茎が下がってしまうためです。そのため、抜かずにあごの幅を広げる場合は増骨矯正法を行う事があります。

 

また、基本的には歯を抜かないのですが、横顔の状態を見て、口元が出た感じにしまっている場合は歯を抜く事をお勧めする場合もあります.

 

また、なるべく歯をひっこめたい方も多いので、抜歯を希望される方もいらっしゃいますが、歯を抜いて前歯をひっこめると唇が薄くなり、口元が張りがなくさびしい感じになる場合もありますのでお顔の感じが重要になります。

 

また、部分矯正やマウスピース矯正の方の場合は基本的に歯を抜かずに治療を行います。歯を抜く必要がある場合は基本的に全体に矯正装置をつけさせて頂く事が多いです。

 

歯列矯正のページ

 

矯正治療のための抜歯の料金は1本¥3,000-(税別)かかります。保険が効きません。この料金は薬代なども含めた料金になります。

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839