2014年

12月

01日

矯正モニター治療例 反対咬合

噛み合わせが下の前歯の方が前に出ている反対咬合と言われる状態です.矯正モニター治療で歯列矯正を行いました.

歯茎が薄く歯と歯の間の隙間が大きくなってしまっているのを調整しながら矯正治療を行います.

増骨矯正法で前歯の歯茎の内部に人工の骨を入れて反対咬合の治療を行いました.歯茎の厚みが少し改善しました.歯と歯の間の隙間も歯列矯正中に調整して少なくしました.


反対咬合のページ