歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療

歯と歯の間の隙間が気になる場合に矯正治療を行う場合があります。

 

歯と歯の間に黒い三角形の隙間が見えてしまうことがあります。ブラックトライアングルと呼んでいますが、この隙間を気にされる方がいらっしゃいます。

 

歯の形が三角形で、間の歯茎が少し下がった時にこの隙間が目立つようになります。歯と歯の間をエナメル質といって表面の硬い歯の部分を染みない程度に削って、歯の間の隙間をマウスピースや部分矯正で歯を移動させて寄せることではと歯の間の隙間が埋まる場合もあります。

歯と歯の間の隙間を見えなくしたケース

歯と歯の間に隙間の矯正治療
歯と歯の間に隙間の矯正治療

お写真の場合は、歯並びによっては歯と歯の間に隙間が出来てしまう事があります.

 

ディスキングと言っていますが、歯と歯の間の部分を少し削って歯の移動する隙間を作った後に、マウスピース矯正で歯と歯の距離を近づける事で歯の隙間を埋めます。

歯と歯の間に隙間の矯正治療
歯と歯の間に隙間の矯正治療

治療後の状態です。もともと三角形に近い歯の形をしておりましたが、三角の角を丸めて隙間を作る事で少し四角形に近い形にしています。

 

 

マウスピースを使用して削った隙間がなくなるように移動をしております。

 

 

 

 

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

また、歯と歯の間の隙間の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

03−3251−3921

0120−25−1839


~審美歯科治療の注意点~

 

マウスピース矯正治療は保険外診療となります。マウスピース矯正上下前歯で10万円(税別)かかりました。マウスピース矯正は歯を動かす量によって料金が変わります。

 

マウスピース矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

 

また、矯正治療期間は、目安となります。期間を保証するものではありません。