矯正治療を行う場合、顎の骨の厚みを考えて歯を動かします.骨の無い所に歯を動かして歯茎が下がってしまうケースを良く見かけます.

矯正と歯茎の退縮
矯正と歯茎の退縮

矯正治療を行う場合に歯茎のケアをする事はあまり一般的に知られていません.そのため、歯茎が下がってしまったりする問題が起こってしまうケースを拝見する事があります.

 

お写真のケースでは下の歯の犬歯が左右ともに長くなってしまっています.これは、犬歯の周りを覆う顎の骨が無いためです.

 

下がってしまった歯茎は歯茎再生を行い元に戻す事ができますが、矯正治療をまだ行ってない場合は、矯正前に、増骨矯正を行っておいた方が歯には良いでしょう.特に成人の方の矯正治療を行う場合は、歯茎が下がってしまう事がよく見られます。矯正治療前に歯茎の状態を確認してから矯正治療を始められる事をお勧めします.

 

増骨矯正に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

増骨矯正のページ

 

また、ただいま増骨矯正やモニター矯正治療をお考えの方に無料カウンセリングを行っておりますので、悩んでいないで今すぐフリーダイヤルにお電話ください.お電話がつながりましたら、矯正モニターの無料カウンセリングをしたいとお伝えいただきご予約をお取りください.お電話が繋がらない場合は下のメールお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


お電話が繋がらない場合や、無料カウンセリング前にご質問のある方はこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です