歯列矯正モニターの注意 歯茎が下がる歯周病に注意

矯正治療後に歯茎が下がることが多いため、矯正治療をお考えの方は歯茎のケアをしながら矯正治療を行う必要があります。

 

歯列矯正のモニター希望の方はほとんどが成人矯正の方ですので、未成年より歯茎の問題が出やすいようです。

 

また、成人の矯正治療を行うとき一番問題となるのが歯周病です。歯周病が進行している部分の矯正治療を行うとき、炎症があると矯正治療中に歯周病が大幅に進行する可能性があります。

矯正治療中は歯ブラシがしにくくなりますので、よりしっかりと歯磨きの管理をしなくては歯周病が進行するリスクが高まります。

 

矯正治療を行う前に歯周病の炎症がなくできれば歯周ポケットが正常な状態にしてから、矯正治療を行うことが理想です。

歯列矯正モニター希望の方は、歯周病の状態が安定してから矯正を始めます。遠方の方は、お近くの歯科医院で歯周病の治療をしてから始めさせていただくこともあります。

 

矯正治療を行ったことで歯茎が下がってしまった方からのご相談も多いのでかなりの数の方が矯正治療の結果歯茎が下がってしまっているものと思われます。矯正治療前に歯茎の状態を確認する必要があります。また、矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合に歯茎を再生させて回復させる方法もあります。歯茎の再生治療という方法です。

 

そのほかの成人矯正治療の注意は下記のページに記載させていただいております。成人の方で矯正治療をされる方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

成人矯正の注意のページ

 

また、歯列矯正モニターを希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングはご予約制となりますので、ご予約をお取りになってからご来院ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

 

歯茎が下がるってどういうことでしょうか?

矯正治療前に歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎がさらに下がらないように対処しておく必要があります。

 

歯茎の再生治療はその方法の一つです。

~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。

この記事にご興味を持たれた方は上のシェアボタンのクリックをお願いいたします。