大人の方の歯茎の下がりにくくする矯正モニター治療

歯茎が薄い方は、矯正治療中に歯茎が下がってしまう事があります。

 

歯茎が下がらないようにするために、歯茎の厚みを厚くする(結合組織移植術)というほうほうがあります。歯茎が下がってから行うより歯茎が下がらないように予防するほうが効果的です。

 

ただ、(結合組織移植術)は保険外診療となります。1~3本の歯茎の処置で¥70,000-(税別)かかります。

歯列矯正モニターの注意
歯列矯正モニターの注意

歯列矯正をご希望される方は、歯列矯正中に歯茎が下がらないような処置をお勧めしております。歯茎が下がらない方が見た目にもよく見えます。

 

お写真のように歯茎が薄い方は歯茎が下がる事があります。歯列矯正治療中に歯茎が下がってしまったり、歯列矯正後しばらくしてからだんだんと歯茎が下がってしまったりする事があります。

 

歯列矯正モニターでは歯茎を下げないようにする矯正治療を行っていますので、ご相談ください。

 

矯正治療と歯茎の退縮に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。歯茎が下がってしまっている方はクリックしてご覧ください。

 

矯正治療と歯茎の退縮に関する詳しいページ

また、矯正モニターをご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921


矯正治療の注意

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。