矯正後、歯茎が下がった場合に治療する方法

歯茎再生
歯茎再生

あなたの歯茎が下がってしまった場合、どういう治療方法があるかご存知でしょうか?

 

矯正治療後に歯茎が下がってしまい、気にされた患者様がよくいらっしゃいます。矯正後の歯茎の退縮は時間をおいて待っていても元には戻らないばかりか、さらに歯茎が下がっていってしまうことの方が多いです。歯茎が下がってしまった場合、見た目以上に知覚過敏・虫歯・歯周病のリスクが高まります。

 

歯茎がお口の粘膜まで下がってしまった場合は特にご注意ください.

 

せっかく矯正治療できれいな歯並びになっても、見た目の問題が解決されないのでは矯正の喜びも半減ではないでしょうか?

 

下がった歯茎の回復方法がございます。

 

矯正後に歯茎が下がってしまった場合は歯茎の再生治療で対応いたします。歯茎の再生治療は簡単な処置で、お痛みもほとんど感じないことの方が多い処置です。お気軽にご相談ください。

 

歯茎の退縮の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

矯正治療と歯茎の退縮のページ

 

矯正治療と歯茎の退縮のページでは、歯茎の回復させる治療の症例写真で解説させていただいております。歯茎が下がってしまっても経過を見るだけでは歯茎は回復しないどころかさらに下がってしまうことが多いので、歯茎が下がってきたと思ったら早めに歯茎の再生治療をされることをお勧めしております。

 

歯茎の退縮の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

まずは無料カウンセリングのご予約をお取りください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。