反対咬合のケース

反対咬合は比較的短期間で治療が可能です。

反対咬合で外科的な治療をしないケースです。下の歯が上の歯を覆っているケースや、少し下の歯が出ているケースがclass3という歯並びに分類されます。

 

通常、1年から2年ほどで治療が終了します。

 

骨格的に下の顎が成長しすぎてしまっている場合、顎変形症と言って外科的な対応をしなくてはいけない場合がありますが、今回は通常の矯正治療で治療が可能なケースのご紹介です。

反対咬合の歯列矯正治療 ケース1

初診時の状態

下の前歯が上の前歯を覆っている歯並びです。通常は上の歯が下の歯を覆いますので反対に咬んでいるという意味で反対咬合と呼んでいます。

 

上あごを広げることと、下の歯並びを後ろに下げるように治療を行います。矯正用のインプラントを使用し、また増骨矯正法を行いました。

治療中の状態

装置は審美装置を使用しています。形状記憶の装置を使用して歯を移動していきます。しばらくすると反対咬合が治ってきます。

治療後の状態

歯を抜かずに並べることができました。歯並びを広げることができまた、反対咬合が改善しました。

治療前後の比較

治療前
治療前
治療後
治療後

反対咬合の歯列矯正治療 ケース2

下の前歯が上の前歯より前に出てしまっています.いわゆる反対咬合の状態です.

下の前歯が出てしまう噛み合わせになっています.

反対咬合の歯列矯正治療後の状態 ケース2

歯茎が薄かったため矯正前に歯茎の内部に人工骨を入れる増骨矯正を行いました。前歯の歯の根っこが透けて見えてしまっていた部分の歯茎が厚くなっているようです.歯茎の間の隙間を減らすように矯正治療で調整しました.


反対咬合の歯列矯正治療 その3

上下の顎の幅が上の方が小さいため、上の前歯がしっかりと並びきっていません.また、下の前歯や奥歯の一部が下の歯の方が上の歯より外側に並んでいる反対咬合の状態になっています.歯列矯正治療で反対咬合を改善させます.

上の前歯が凸凹で並んでいません.

反対咬合の治療後の状態。

反対咬合の状態が改善しました.上あごの骨は増骨矯正法を行いましたので少し骨が増えているようです.


反対咬合の治療ケース3の流れ

治療前

治療中

治療後

反対咬合治療ケース4

反対咬合治療前
反対咬合の治療前

下の歯の方が前に出てしまっている反対咬合の噛み合わせです.歯の凸凹もありますので矯正治療で歯並びを治します.

反対咬合治療ケース 治療中
反対咬合治療ケース 治療中

反対咬合の治療中の状態

反対咬合治療ケース
反対咬合治療ケース 治療後

反対咬合が改善しました.

治療前

治療中

治療後

反対咬合の矯正モニター治療ケース

噛み合わせの平面を変えて顎の位置を改善する場合は、3次元的にはの位置を移動する装置を使用させていただいております。こういったケースでも矯正モニターで治療が可能です。反対咬合の治療の場合、期間は約1年くらいとお考えください。

治療前

治療中

治療後

ただいま反対咬合の無料カウンセリングを行っております。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

反対咬合のBlog

2017年

2月

15日

矯正モニターで反対咬合の治療

矯正モニター治療はすべてのケースに適応されるわけではありません。たとえば、顎の変形してしまている場合は、矯正モニター治療の適応ではありません。


歯並びが悪くても顎の変形が起こっていないケースも多いのでまずは無料カウンセリングにお越しいただいております。

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

反対咬合の矯正モニター治療

反対咬合ってご存知でしょうか?

 

一般的には受け口と言われているかみ合わせです。あごの状態によっては外科的な矯正治療をお勧めすることも多いのですが、骨格的に問題が少ない場合は通常の矯正治療でも歯が並びます。

 

矯正モニター治療では反対咬合のケースも行っています。

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

18日

反対咬合の治療をお考えの方のご参考になるケースのご紹介

反対咬合の治療を歯列矯正で考えている方の参考になるページを作成いたしました。反対咬合の治療をお考えの方はご参考になさってください。

 

反対咬合の方は顎変形症である場合があります。顎変形症の方の場合は、通常外科矯正治療をお勧めしております。歯列矯正治療のみでは骨格的な改善がそれほど起こりません。そのため、顎変形症と診断された方は外科矯正治療をされることをお勧めします。

 

今回の反対咬合の治療のページでは顎変形症でない方で外科矯正を行っていない方の治療例をご説明しております。通常の歯列矯正治療の範囲での治療をご紹介させていただいております。(増骨矯正やインプラント矯正は普通におこなっております)

 

反対咬合のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

15日

歯列矯正モニターを募集しています。反対咬合の方

矯正モニター
矯正モニター

矯正治療のモニターを希望される方は、スピード矯正法を行います.顎の骨の無い場合は、急速増骨矯正法といって、歯の移動スピードを速くするだけでなく、顎の骨を増やして歯を並べます.

 

上の写真の方の場合,上あごの骨が小さく、前歯が一本内側に入ってしまっています.また、前歯や奥歯が歯の先端で当たっている切端咬合という噛み合わせになってしまっています.

 

矯正モニター治療では上あごの急速増骨矯正を行いました.上あごの骨を増やして幅を広げて歯を並べています.歯を抜かずに矯正治療を行っています.

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

24日

矯正モニターケース 反対咬合

反対咬合って噛み合わせをご存知ですか?

 

下の歯が前に出てしまう噛み合わせを反対咬合と言っています。顎が出てしまっている場合は、しゃくれているという場合もあるかもしれません。

 

反対咬合の矯正治療は比較的短期間に終わる治療になります。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

28日

下の歯が出ている場合の矯正モニター治療

下の歯が前に出てしまっている場合があります.通常、顎の発達がかなり良い場合が多いのですが,上あごの大きさが小さくて下の歯が出て見える場合もあります.


上あごの小さい方のための矯正モニター治療のご紹介をいたします.

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

10日

反対咬合のモニター矯正治療

反対咬合とは下の顎や下の歯が上の顎や上の歯より前に出てしまっている事を言います.しゃくれているなどと言う場合もあります.

 

反対咬合が骨格的な問題による場合は、外科的な矯正治療と言って入院して顎を切る方法をお勧めする事もありますが,骨格的にそれほど問題の無い場合は、あまり入院してオペまでしたくないと言う方も多いでしょう。

 

当院では、反対咬合の方のなかでも、外科的な矯正治療をしなくても良い方を対称に矯正モニター料金での治療を行っております.反対咬合の治療は比較的短期間に治療が終わります。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

19日

矯正治療で歯を抜きますか?

矯正治療をする際に歯を抜くか抜かないか決める必要があります。


部分矯正治療や、マウスピース矯正の場合、通常歯を抜かずに歯並びを整えていきますが、反対咬合や出っ歯の治療を行う場合は場合によっては歯を抜くことで歯並び・かみ合わせを調整する必要があることがあります。


また、口元が出てしまっている場合は歯を抜いて下げることで見た目を改善させる場合もあります。

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

01日

矯正モニター治療例 反対咬合

噛み合わせが下の前歯の方が前に出ている反対咬合と言われる状態です.矯正モニター治療で歯列矯正を行いました.

歯茎が薄く歯と歯の間の隙間が大きくなってしまっているのを調整しながら矯正治療を行います.

続きを読む 0 コメント