前歯の歯並びを部分矯正モニターで治療

短期間で終わる前歯の歯並びの部分矯正モニターの募集をしております。

 

部分矯正をコルチコトミー法と言うスピード矯正法で行う事で、通常より2〜3倍の早さで治療が終わります。

 

また、前歯の歯並びだけを治したいという方は、全体的に矯正治療を行う事に抵抗を感じるのではないでしょうか?

 

前歯だけの治療という事になると、審美歯科治療や、部分矯正治療という事になります.

 

今回このページでご紹介させていただくのは、部分矯正治療をスピード矯正法で行うモニターの方の募集です.

 

部分矯正が短期間で終わるのに加えてお値段をお安くさせていただきます.

 

料金は上下で並べる場合、全体矯正の半分で、スタンダードな装置の場合、¥198,000−(税別)となります.上だけまたは下だけという事でしたらその半額の¥98,000−(税別)となります.


前歯の部分矯正モニターの方のケース

前歯の部分矯正をスピード矯正法で行ったケースです.

結婚式に間に合わせるために1ヶ月で治療を行いました.

スピード矯正法はコルチコトミー法という簡単な外科処置を行います.

部分矯正治療前
部分矯正治療前

部分矯正モニターの方のケースの治療前の歯並びです.

歯の凸凹をとにかく目立たなくしたいというご希望です.

スタンダード部分矯正モニターの装置
スタンダード部分矯正モニターの装置

スタンダード部分矯正モニターの方の装置はワイヤーがシルバーのものを使用します。歯に付ける装置は透明なものを使用しますのでそれほど目立ちません。

このケースでは料金の総額が¥198,000−となりました.

この後コルチコトミー法を行いスピード矯正をします.

部分矯正治療後
部分矯正治療後

結婚式に間に合わすために1ヶ月後に装置を外した状態。歯並びが納得する状態になりました.また、コルチコトミー法の術後も目立たないきれいな歯茎に回復しています.


前歯の部分矯正はこんな方におすすめです。

  • 結婚式が近い方
  • お忙しい方
  • 前歯の歯並びだけを少し治したい方

 

前歯の部分矯正の利点

前歯の部分矯正法はスピード矯正法と併用する事で、短期間に歯を並べる事ができます。また、審美歯科治療とちがいご自身の歯をしっかりと残せます。


部分矯正治療の注意


部分矯正治療では、歯を並べる際に歯の幅を少し削って狭くしたり、歯が並んできた時に噛み合わせを削って調整する必要がある場合があります。


前歯の部分矯正のお問い合わせ

ただいま無料カウンセリングを行っております。

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


前歯の部分矯正モニターに関するブログ

矯正モニター治療を行う前に虫歯治療

矯正治療モニター治療を行う前に直したほうが良い虫歯があります。

 

例えば神経を抜くほど大きな虫歯や、歯型をお取りして直す必要のある虫歯に関しましては、矯正治療前に直した方が良いです。

 

これは、矯正中に虫歯治療を行うことで、治療期間が伸びてしまうことがるためです。

矯正治療モニター治療
矯正治療モニター治療

 

そのため、矯正治療前に、虫歯の検査をレントゲン等で行います。

 

歯と歯の間の小さい虫歯は矯正治療中や、矯正治療後に行っても良いです。最小限に歯を削れば良い位置に歯が動いてから虫歯治療を行うのが良いと思っております。 

被せ物をする必要があるような大きな虫歯は、噛み合わせが変わりますので、矯正期間中は仮歯を使用し、矯正治療後歯の揺れが落ち着いてから最終的な歯を入れます。

 

矯正モニター治療に関しましては、下記のリンクページの内容もご確認ください。

 

矯正モニターのページ

 

矯正モニター希望の方はただいま無料カウンセリングを行なっております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03−3251−3921

部分矯正をスピード矯正で行ったケース

スピード矯正法はコルチコトミー法、PAOOという方法で、行われている治療法です。

 

骨の代謝を高めることで、歯の移動が速くなることが学術的に報告されています。

paooに関しましては、2006年のアメリカ歯周病学会にてDrThomas WillckoとDr William Wilcko によってPAOOの症例が発表されており、日常臨床で行われている治療です。

 

DrThomas WillckoとDr William Wilcko のページ

 

たとえば、前歯の移動を早くするために、部分矯正治療を行う際にスピード矯正法を行うことがあります。

 

部分矯正の1ヶ月での移動について

通常、部分矯正をスピード矯正治療で行う場合、2週間おきにご来院していただいております。これは移動スピードが速いために調整の間隔を短くしております。

通常矯正治療では、3~4週に1度のご来院で調整しております。

 

以下の症例はすべての方に当てはまるわけではありません。かみ合わせや歯並びによって期間が異なる場合があります。ただ、スピード矯正法という方法を考えるうえで、歯の移動スピードという意味での参考にしていただくと良いのかと思います。スピード矯正による歯の移動は学術的に報告されております。

前歯のスタンダード装置での部分矯正をスピード矯正で行っています.3月18日の段階ではまだ装置が付けられない部分があります。バネで矯正装置を付ける隙間を作っている段階です.通常1ヶ月後に隙間ができた段階で装置を付ける事になりますが,スピード矯正法では2週間後に矯正装置が付けられるようになりました.

部分矯正
部分矯正

4月22日の状態。約1ヶ月で付けられなかった部分の矯正装置が入りました.歯の並びも並んできました.この後は上下の歯が噛むように調整していきます.


部分矯正治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

部分矯正のページ


また、部分矯正治療を希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにてお口の中を拝見して治療方法のご説明,お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

上を審美歯科治療で治して、下を部分矯正で歯並びを治す方法だと短期間に出っ歯の状態が治る場合もあります.

歯列矯正中に必要な歯ブラシ 先の小さい歯ブラシ

矯正治療中は虫歯や歯周病になってしまう可能性が高くなります。それは矯正装置が付いていて汚れを磨き落としにくいためです。

細かい装置を磨くためのお掃除の器具をご紹介いたします。

歯列矯正中に必要な歯ブラシ
歯列矯正中に必要な歯ブラシ

歯列矯正中は装置の周囲が磨きにくくなりますので装置の周囲を磨く細かい歯ブラシをご用意していただくことをお勧めしております。歯石が装置に付着するとワイヤーの滑りが悪くなって歯の移動が遅くなることも考えられますので、しっかりと磨いていただくことが大切です。

 

お写真のような歯ブラシを使用されると細かいところを磨くときに有効です。全体的な歯ブラシをした後にこの歯ブラシを使用して細かい部分のお掃除をされると効率が良いでしょう。

 

装置のついていない部分に関しましては通常の歯ブラシを使用していただければ十分だと思います。

 

歯ブラシをうまく使用して磨けない場合は磨き残しが出ますので、歯科医院で専門的なクリーニングをされることをお勧めします。

 

歯列矯正中のクリーニングのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

前歯の部分矯正を短期間に終わらせる方法

短期間に歯並びをなんとかしたいという方にワイヤーを使用した部分矯正治療がお勧めです。

 

全体矯正に比べて半額近いお値段でできることも人気です。

前歯の並びを直すだけなら部分矯正法

前歯の部分矯正
前歯の部分矯正

前歯の歯並びが悪いと、見た目が悪い以上に歯を磨きにくくなったり、汚れがつきやすくなってしまいます.前歯の部分矯正治療を短期間に終われる方法があったらやってみたいという方におすすめなのが、前歯のスピード部分矯正法です。

 

短期間に歯が動きますので喜ばれています.基本的に成人の方が対照になります.

 

欠点として、部分矯正法の場合は歯を並べるスペースが無いために歯と歯の接触している部分を1ミリ弱削って歯を並べます.また、噛み合わせを調整するために上の歯の裏側や下の歯の先端を削る必要のある場合もあります.

 

部分矯正治療を行う場合は、治療後の歯並びを模型を使用して審査することをお勧めしております。セットアップモデルと言っていますが、どの程度歯を削るか、歯が移動してどのように動くかをあらかじめ確認する必要があります。

 

(全体矯正の場合も歯を抜いたり噛み合わせの調整をする事はあります。)

前歯の部分矯正
部分矯正開始1ヶ月後

本人も歯の動きがわかるようで驚かれています.矯正治療前にはクリーニングを行っています.矯正治療前のクリーニングが必要な方はあらかじめお伝えいたします。矯正治療中は、保険がきかない治療ですので、30分3000円(税別)のクリーニングを行います.

 

矯正治療と虫歯のページ

 

ただいま部分矯正を希望される方の無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

歯列矯正中に隙間ができてきたら歯間ブラシの使用も必要な場合があります。

矯正治療によって歯の重なってしまっている部分が並んできたら、歯と歯の間に隙間が出来てくる場合があります。


歯と歯の間の隙間はお掃除がしにくくなりますので、歯ブラシには気をつけて行う必要があります。

歯間ブラシ
歯間ブラシ

矯正治療中は歯ブラシが困難になりますので、特に装置周りのお掃除をしっかりとする必要があります.お掃除が上手くいかない方は、装置周りの虫歯や歯周病が発生してしまう可能性が高まってしまいます.


矯正治療中は通常の歯ブラシだけではしっかりと磨けない場合があるのでお掃除の補助装置の使用をお勧めしております.


歯と歯の間に隙間ができてしまってきた場合はお写真のような歯と歯の間を磨く器具を使用したほうが汚れを落としやすく場合があります。

 

歯と歯の間の汚れは通常の場ブラシでは落とせないため、歯間ブラシなど専用の器具を使用されると効率よく清掃を行うことが可能です。

 

歯列矯正中の歯ブラシについてのページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839