増骨矯正法

増骨矯正法とっても聞きなれない言葉だと思います。

 

歯を抜かない矯正治療、歯茎を下がりにくくする矯正治療といった方がわかりやすいのかもしれません。

増骨矯正法は歯を抜かない矯正法です。

通常矯正治療を行う場合、歯の大きさと顎の大きさを比較して歯の方が大きすぎる場合は歯を抜いて歯並びを改善します。歯を抜く方法が一般的に行われているのは顎の大きさを変えられないからです。

 

増骨矯正方は顎のサイズを大きくする方法です。通常なら歯が並ばないところに顎の骨を作って歯を並べます。そのため、歯を抜かなくて済むようになります。

 

つまり、あごの骨のないところに歯を動かす場合、歯を動かす予定のところに骨を作っておく必要があります。

 

増骨矯正で歯茎が下がりにくくなります。

 

また、歯を抜かない矯正法を行う場合や、歯茎が下がった方や歯茎の薄い方の矯正する場合、骨を作っておかないと矯正後に歯茎が下がってしまうと考えております。

 

これはどういう事かというと、歯を抜かない矯正治療を行う場合,奥歯を奥に引っ込めると同時に歯の並びを横に広げて歯を並べるために、顎の骨の中に歯が収まらない場合があります。こういった場合は歯茎が下がりやすくなります。

 

また、歯茎の薄い方は少しの刺激でも歯茎が下がりやすくなります。

 

そのため、歯茎が下がる心配のある方や歯を動かす予定の部分に顎の骨が無い場合は矯正治療と同時に骨を作る急速増骨矯正法という方法を行います。

増骨矯正が必要な歯茎の見た目

薄い歯茎
薄い歯茎

歯茎が薄い場合、写真のように歯の根っこの部分が透けた感じに見えることがあります。歯並びが悪い場合に歯茎の中から歯の根っこらしきふくらみが感じられる場合は、かなり薄い歯茎といえます。

こういったケースで、歯の移動を行おうとしても表面の硬い骨が薄いために動かなかったり、動いたとしても骨の外に飛び出してしまいます。そこで、骨の薄い部分に骨を作ってから歯を動かします。

歯を抜かずに並べる場合増骨が必要な事があります.

歯が並んでいない状態
歯が並んでいない状態

歯並びが悪い場合,顎の骨から飛び出してしまっている事もあります.こういったケースで歯を抜かずに治す場合は、顎の骨を増やして歯を並べる必要があります.

急速増骨矯正2ヶ月後
急速増骨矯正2ヶ月後

急速増骨矯正法は、前歯の顎の骨を増やした上で、歯の移動を早くしますので、上の写真から2ヶ月できれいに並んできました.

患者様も驚かれていました.

 

前歯の凸凹も増骨矯正法で歯を抜かずに並べられる事もあります.

増骨矯正ケース2

前歯の凸凹
前歯の凸凹

上あごの骨が狭く、上の歯が内側に入り込んでしまっています.上あごの骨を増骨矯正法で広げて歯を並べます.

前歯の凸凹
前歯の凸凹

上あごの犬歯などは歯の根っこが歯茎を通して透けて見えていますので、このままの状態で歯並びを拡大すると歯茎が下がってしまう危険性があります.上あごのみを増骨矯正法で骨を増やしてから歯並びを拡大します.

前歯の凸凹
前歯の凸凹

増骨矯正法ケース2 矯正後

増骨矯正
増骨矯正

上あごの前歯を中心に増骨を行いました.奥歯も広げても良かったかもしれませんが、歯を抜かずに顎を広げる事で歯を並べました.

矯正期間は10か月装置を付けていました.

増骨矯正
増骨矯正

オペ後の傷跡もそれほど目立たなく経過しています.上あごの骨を歯茎を通して透けて見えていた歯の根っこも目立たなくなるくらい骨の厚みを増やしております.歯茎の退縮も起こらずに並びました.下の歯茎と比較して上あご歯茎が厚くなったのがわかるかと思います.

増骨矯正
増骨矯正

歯を抜かずに並べる事ができました.

歯を抜かない矯正治療のお問い合わせ

歯を抜かない矯正治療に関しまして、矯正治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。通常矯正専門医のカウンセリングでは数千円から数万円の費用がかかりますが、当院ではなるべく歯を抜かずに矯正治療を行っていただきたいと考えているので、カウンセリングにお越しになりやすいように無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

増骨矯正に関連するブログ

2017年

4月

22日

歯茎の薄い方の増骨矯正法

歯茎が薄いケースや歯茎がすでに下がってしまっているの歯を無理に矯正治療で動かすと歯茎が下がってしまう場合があります。


歯茎が下がってしまうだけでなく、歯を支えるあごの骨も下がってしまっている場合が多くあります。


そのため、矯正治療を行う場合、歯茎が薄く骨が無い場合は増骨矯正法を行うことをお勧めしております。

増骨矯正法は歯茎の中に人工の骨を入れて骨の厚みを増す方法です。

 

矯正中に歯茎が下がってしまう事でご相談を受けます。矯正中に歯茎が下がらないように予防する意味で増骨矯正法はおすすめです。また、矯正中で歯茎が下がってしまった方はさらに歯茎が下がって回復できなくなる前にご相談ください。


増骨矯正法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。増骨矯正法に関してご興味のある方はクリックしてご覧ください。

 

増骨矯正法のページ

 

ただいま、無料カウンセリングを行っております。歯科治療の問題は先延ばしにすればするほど治療が難しくなり、かかる費用も急激に高くなってしまいます。お早目に行動されることをお勧めしております。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯茎の薄い方は、歯茎の上から歯の根っこの位置が確認できるほど歯茎や骨が薄い場合がよくあり

ます。

上のシェアボタンのクリックもお願いいたします。

0 コメント

2017年

4月

15日

矯正治療を行う場合、顎の骨の厚みを考えて歯を動かします.骨の無い所に歯を動かして歯茎が下がってしまうケースを良く見かけます.

矯正と歯茎の退縮
矯正と歯茎の退縮

矯正治療を行う場合に歯茎のケアをする事はあまり一般的に知られていません.そのため、歯茎が下がってしまったりする問題が起こってしまうケースを拝見する事があります.

 

お写真のケースでは下の歯の犬歯が左右ともに長くなってしまっています.これは、犬歯の周りを覆う顎の骨が無いためです.

 

下がってしまった歯茎は歯茎再生を行い元に戻す事ができますが、矯正治療をまだ行ってない場合は、矯正前に、増骨矯正を行っておいた方が歯には良いでしょう.特に成人の方の矯正治療を行う場合は、歯茎が下がってしまう事がよく見られます。矯正治療前に歯茎の状態を確認してから矯正治療を始められる事をお勧めします.

 

増骨矯正に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

増骨矯正のページ

 

また、ただいま増骨矯正やモニター矯正治療をお考えの方に無料カウンセリングを行っておりますので、悩んでいないで今すぐフリーダイヤルにお電話ください.お電話がつながりましたら、矯正モニターの無料カウンセリングをしたいとお伝えいただきご予約をお取りください.お電話が繋がらない場合は下のメールお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

お電話が繋がらない場合や、無料カウンセリング前にご質問のある方はこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

2017年

4月

09日

矯正モニター 歯を抜かずに矯正治療を行ったケース

矯正モニター
矯正モニター

日本人に典型的な歯が並んでいないケースです.八重歯の矯正治療です.このかたの場合,出っ歯な感じではないため、歯を抜かずに歯並びを広げて歯を並べました.

歯並びを広げる事で、内側に入った歯が並びますし,凸凹が取れます.

 

 

矯正モニター
矯正モニター

歯を抜かずに歯を並べる事ができました.矯正期間は少し長いですが,1年かかりました.このケースのように歯並びがでこぼこのケースは矯正モニターとして治療を行うことが可能です。歯の移動スピードによって矯正期間が前後します。


歯列矯正モニターをご希望の方は、下記のリンクページに詳しい歯列矯正モニターのご案内を書かせていただいております.クリックしてご覧ください.

 

歯列矯正モニターのページ


また、歯列矯正をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.無料カウンセリングにて治療方針のご説明、治療費のお見積もりのお渡しを行います.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

0 コメント

2017年

3月

31日

顎の幅を広げるための増骨矯正法

顎の幅を少し広げることができると歯を抜かないで済むかもしれません。


顎が小さい場合は顎の骨を増やすことで歯並びが凸凹している状態でも歯を抜かずに並べることが可能になります。

歯を抜かずに増骨矯正法

上あごが小さくて歯が並びきらない方
上あごが小さくて歯が並びきらない方

歯の並んでいる顎の骨の幅が上下で異なり、上あごの骨の幅が狭いケースです.上あごに並んでいる歯を広げて前歯を外に押し出す矯正治療を行いますが,単に拡大装置を使用して歯を並べると顎の骨の外に歯が並んでしまう事で、歯茎が下がってしまうリスクが高まります.また、歯が斜めに傾いて並ぶと後戻りのリスクもあります.

 

このケースでは顎の骨の幅を増やして歯を並べる方法をとりました.

増骨矯正法
増骨矯正法

上あごの骨の骨の幅を増やして矯正治療を行った状態.

顎の骨が増えたため、歯を抜かずに歯が並びました.

 

噛み合わせの関係を考えると歯を抜かずに矯正治療を行う事がおすすめです.ただし、口元の改善を行う場合などに歯を抜く必要がある事もあります。できるだけ口元をさげたいと言うご希望の場合は歯を抜く事もご検討いただく必要があります.


歯列矯正のページ

 

0 コメント

2017年

3月

18日

歯茎が下がってしまった方の矯正治療

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療は一度歯茎を回復させた上で、骨の再生治療をすることをお勧めしております。

 

増骨矯正方といっておりますが、歯の周囲の顎の骨を増やすことで、将来的に歯茎が下がりにくくなります。矯正治療をする際に骨がないと歯茎がまた下がってしまうことがありますので、歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

上の奥歯の仮歯の長さが長くなってしまっています。この部分は顎の骨も歯茎もないためにまずは歯茎の再生治療を行った上で、矯正治療の際には増骨矯正治療を行います。

まずは、歯茎の再生治療で歯茎の下がってしまったところを回復しています。約3ヶ月待って、矯正装置のセット、骨の再生治療を行います。

 

増骨矯正治療のページ

0 コメント

2017年

3月

07日

下の歯が出ている場合の矯正モニター治療

下の歯が前に出てしまっている場合があります.通常、顎の発達がかなり良い場合が多いのですが,上あごの大きさが小さくて下の歯が出て見える場合もあります.


上あごの小さい方のための矯正モニター治療のご紹介をいたします.

上あごの小さい反対咬合の治療例

お写真のように下の歯並びはよく並んでいるのに、上あごの歯は並んでいなくて,下の歯が前に出てしまっている事があります.


こういった場合は、上あごの大きさが小さいために歯が並びきらなかったと言う事になります.ただ、骨が小さいのに歯を無理に歯を並べる事歯できませんので、顎の骨を増やして歯を並べる必要があります.


そのため、矯正モニター治療をお考えの方、お写真のような反対咬合の場合.上あごの骨の厚みを増やす増骨矯正法を行います.

上あごの骨は少し増やして広げる事で、上下ともに歯を抜かずに並べる事が出来ました.


また、下の歯並びを少し奥に引っ込める事で歯を抜かずに反対咬合を改善しております。


矯正モニター治療を希望される方は下記のリンクページに詳しい注意事項などを記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

矯正モニター治療のページ

 


0 コメント

2017年

2月

26日

矯正モニターの注意 矯正治療を行う場合、顎の骨の幅を広げる必要があるケース

従来、顎の骨の幅がない場合,歯を抜いて顎のある位置に歯を並べる事が一般的な治療として行われています.これは、顎の骨の発育が終わった成人の矯正治療では顎の骨のある範囲でしか歯を並べる事ができないためです。

 

顎の骨のないところに歯を並べると、歯茎が下がった長い歯になる事が考えられます.歯が長くなるだけなら良いのですが,歯の周囲の組織が無くなる事は歯周病のリスクを高めてしまってよくありません.そのため、歯を傾斜させて並べたりして、なんとか骨のないところに並べる工夫をする必要があります.

 

今回ご紹介する方法は、顎の骨がなくても歯を抜かずに、顎の骨を作る方法です.近年顎の骨を作る方法が確立されたために、矯正治療の方法の選択肢も増えてきました.

顎の骨の幅を広げて矯正治療

上あごの骨の幅がないために上の歯より下の歯の方が外側に並んでしまっています.きれいに上の歯を下の歯を覆うように並べるには、顎の骨の幅が足りません.

 

また、歯茎が薄く歯茎が下がってしまっています.こういったケースでは、歯並びを広げる事で、歯茎が下がってしまうリスクが高まります.

 

こういったケースで、増骨矯正法が有効となります.顎の骨を増やす事で歯茎が下がるのを予防します.

上あごの骨を増やす事で、歯を広げて並べても歯茎の下がりを押さえる事ができています.今後は矯正装置を取り除いた後に、歯茎の再生治療を行い、下がった歯茎を回復させます.

 

増骨矯正法のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

2月

25日

歯茎が下がってしまっている場合は矯正治療前に歯ぐきの再生をお勧めします.

特に成人の方で矯正治療をされる方は歯茎が下がってしまっている場合があります.こういった場合は、そのまま矯正治療を行うとさらに歯茎が下がってしまう事が多いため,矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.


歯ぐきの再生治療は移植を伴う歯茎の回復方法です.歯周病の治療などで行われています.

なぜ歯ぐきの再生治療をお勧めするか。

歯並びが顎の骨より広がって並んでいる場合や、長期にわたる矯正治療を行うと歯茎が下がってしまう事があります.

 

前歯の反対咬合の方の矯正治療後に下の前歯の歯茎が下がるケースが多いように感じますが,これは下の前歯の部分の顎の骨が薄い事によるのではないかと思います.

 

 

歯茎が下がったときの再生治療ケース

反対咬合の矯正治療後の歯茎の退縮
反対咬合の矯正治療後の歯茎の退縮

10年以上前に前歯の反対咬合の矯正治療を行ったというケースです.歯茎が下がってしまったという事で、相談に来院されました.

 

下がってしまった歯茎の部分は歯の根っこのため、色が少し濃いように見えています.歯の長さが長く見えます.

歯茎の再生
歯茎の再生

下がった歯茎を歯茎の再生治療で覆いました.歯と歯の間の隙間は歯石を取った後に下がりましたが,間をレジンという歯に近い色のプラスチックをくっつけて埋める事は可能です.


歯列矯正モニター治療を希望される方は下記のリンクページに詳しい無いようを記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯列矯正モニターのページ


歯列矯正モニター治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

2月

19日

矯正で歯茎が下がりやすい場合

矯正治療中に歯茎が下がりやすいケースがあります。


歯茎の薄い方で、前歯の凸凹が強い場合や、成人の方で歯の移動に時間がかかってしまう場合には特に歯茎が下がりやすいので注意が必要になります。


矯正治療前に歯茎がすでに下がってしまっているようでしたら矯正治療前に歯茎の再生や増骨矯正法を行うことをお勧めしております。歯周病の場合は、矯正治療前に歯周病の治療も必要になります。


歯の矯正をして歯茎が下がってしまうことがあります。歯茎が下がって歯の長さが長くなってしまいます。

 

矯正モニターを希望される方は歯茎のことも確認させていただきます。ただ、歯茎の治療は矯正治療とは別料金となりますので、どうするか判断していただくことになります。

 

歯茎が下がっても気にされない方は大丈夫ですが、知覚過敏になってしまったり、見た目を気にされる方は、歯茎の再生治療で歯茎をもとの状態に回復させることが可能です。

 

歯茎の再生治療は簡単な外科処置で痛み止めの必要がないことも多いです。

 

矯正治療で歯茎が下がってきてしまったという方はご相談ください。

 

お問い合わせ


矯正モニター治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

 

0 コメント

2017年

2月

13日

歯茎が下がってしまった場合のモニター矯正

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療を行う場合,矯正治療前か矯正治療後に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.


既に歯茎がかなり下がってしまっている場合は矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております。


通常歯茎が下がっている方が矯正治療を行うと矯正治療中に歯茎が下がっていきます.そのため、歯茎が下がりにくいように下がった歯茎の部分を矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行って歯茎を回復させるだけでなく、歯茎の厚みを増やして矯正治療中に歯茎が下がりにくい状態にしております.

矯正モニター治療前に歯茎が下がってしまっているケース

矯正モニター治療をご希望の方の中には歯茎が非常に下がってしまっている方がいらっしゃいます.このままの状態で矯正治療を行うと歯茎がさらに下がってしまう事になってしまいます.お写真のケースでは、変色した歯の根っこが露出して歯が長くなってしまっています.


こういったケースでは、まず歯茎の再生治療行い、歯茎の状態を回復させた後に増骨矯正治療で骨を増やして短期間に矯正治療をする事をお勧めしております.

下の前歯の下がってしまった歯茎に、歯ぐきの再生治療を行い、その後装置を付けた後、増骨矯正法を行いました.矯正装置が入って歯を動かし始めても歯茎の厚みが確保できていますので、歯茎が下がる心配が軽減します.もし歯茎が少し下がったとしても矯正治療後に再度歯茎の再生治療を行う事で歯茎を回復させる事ができます.

 

増骨矯正法で歯の周囲に骨を作るのは矯正期間中だけできる方法だと考えられています.


歯茎の退縮と矯正治療に関しては下記のリンクページにも詳しい内容を記載しております。クリックしてご覧ください.

 

歯茎の退縮と矯正治療のページ


また、矯正治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839



メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

2017年

1月

31日

歯茎が下がった方の矯正治療

矯正治療をお考えの方の中で歯茎が下がってしまっている方がいらっしゃいます.


歯茎の下がったまま矯正治療を行うとさらに歯茎が下がってしまう事が多いため、歯茎を回復させてから矯正治療を行う事をお勧めしております.

歯茎が下がってしまった方の矯正治療例

歯並びを気にされて来院されました。

歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。

歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。

左の写真から1か月後の状態

上の歯には白い審美矯正装置を使用しています。また、前歯の形は削って丸くしています。

下の前歯は仮歯にしています。

通常の矯正治療ではこの結果は出ません。


成人の方の矯正治療をする場合歯茎の状態をしっかりと確認しないと、大変なことになることがあります。

歯は並んでも、歯茎がすごく下がってしまい、歯が長くなることがあります。歯茎が下がってしまうと、見た目の問題以上に、歯の周囲の支えている骨や繊維もなくなりますので、歯の寿命が短くなりますので問題です。

矯正前にしっかりと歯茎の再生を行うことで、歯茎が下がらなくすることが重要です。

 

骨の状態を確認するためにCTを撮影することもあります。

 

成人矯正のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

0 コメント

2017年

1月

20日

歯茎の再生とと矯正 矯正治療で歯茎が下がった場合の処置

あなたの歯茎が下がってしまっている場合の矯正治療について

歯茎の再生 骨の再生

矯正中歯茎の中から歯の根っこが透けて見えています。

歯茎と骨を再生させて厚みを出しました。

矯正治療によって歯茎が下がってしまうことがよくありますので歯茎を丈夫にしてから矯正治療をすることをお勧めしています。

 

このように、歯茎の厚みを足してから矯正する方法を増骨矯正法と行っています.矯正後の後戻りが少ないと言う報告もあります.

 

増骨矯正のページ

 

矯正モニターをご希望の方で、歯茎の状態が悪い方はあらかじめ歯茎の下がる可能性をご説明いたします.矯正治療と歯茎の治療はセットで考える必要があります.歯茎が下がってしまった場合、早めの処置がおすすめです。期間を空ける程歯茎が下がってしまいます.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

1月

14日

増骨矯正法で顎の幅の狭い方でも歯を抜かずに矯正します。

あなたの歯並びが悪い原因はあごの大きさかもしれません。


矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療するものと思われている方も多いのですが,極端な出っ歯など口元の出てしまっている場合を除いて基本的に歯を抜かずに矯正治療を行っています.

 

何の工夫もなく歯を抜かずに矯正治療を行うと出っ歯になってしまいますので、奥歯の歯並びを広げたり、奥歯を奥に引っ張ったりして前歯が出っ歯にならないようにする必要があります.

 

奥歯の歯並びを広げたり、矯正用のインプラントで奥歯を奥に引っ張る事で、歯が並びきらなかった歯並びを歯を抜かずに並べる事ができる可能性があります.

 

通常、矯正治療を行う場合,歯の位置は顎の骨の幅の範囲で移動させることになります。

 

増骨矯正法は、骨を矯正と同時に作ることで顎の幅の狭い方の場合でも幅を広げる矯正を行うことができます。

 

増骨矯正法によって、顎の幅を広げるように歯並びを広げても歯茎が下がるリスクが抑えられます。これは、歯の根っこの周りに顎の骨があるため,顎の骨が歯茎を支えて歯茎の下がるのを予防するためです。

 

増骨矯正法でなるべく歯を抜かずに治療を行うことができる場合があります。増骨矯正に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

増骨矯正のページ

 

また、歯列矯正を希望される方はただいま無料カウンセリングをおこなっております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

 

0 コメント

2017年

1月

07日

増骨矯正法で歯茎の退縮を予防します.

矯正中や矯正後に歯茎が下がってしまう事があります.


矯正治療で歯茎が下がらないようにするために、骨の無い部分に歯を動かす場合は顎の骨を作ってから歯を動かすようにしております.この方法を急速増骨矯正法(和訳)と言っております.

増骨矯正法のケース

増骨矯正法
増骨矯正法

顎の骨の小さい方は歯が並びきらない場合があります.単純に骨の無い部分に広げて歯を並べると歯茎が下がってしまう事が考えられますので,拡大する前に顎の骨をお作りする方法が増骨矯正法です.

増骨矯正法 術後
増骨矯正法 術後

増骨矯正法によって歯を並べた状態です.歯茎が下がるのを抑えながら矯正治療を行いました.上あごの骨を増骨しております.かなりの人工骨を入れました。極端に顎の見た目が変わる程にはなりませんのでご安心ください.

 

詳しくは下記の増骨矯正法のページに記載させて頂いております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

増骨矯正法のページ

 

また、ただいま歯列矯正モニター治療を行っております.ご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.歯列矯正モニターの方は通常よりお安い価格で矯正治療を受けて頂けます.

 

 通常、矯正専門医など保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方にお値段の満足いく矯正治療を受けていただきたいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

1月

03日

急速増骨矯正ってどんな方法?

顎の小さい方でも歯を抜かずに矯正治療が可能かもしれません。

 

急速増骨矯正法というと物々しい感じですが、特に成人の方の場合に歯の移動を早くする方法として紹介されている方法です.

 

この呼び方はアメリカで使用されている歯の移動を早くする方法を和訳したものですのですが、非常に要点をとらえた日本語訳です。

 

この急速増骨矯正法は歯の移動を早くする方法ですが、PAOOと言われる方法で、顎の骨の無い部分に矯正中に顎の骨を増やして矯正治療の移動を早くする方法です.

 

 Drウィルコ2人の兄弟によって1996年に開発され、歯科矯正医トーマスと歯周ウィリアムWilcko、 の手順では、3ヶ月から6ヶ月かかるから一から二年間の矯正治療を減らすことができます

 

矯正治療は治療期間が長く、とくに成人してからの矯正治療は1年半~2年以上と長期間になるのが一般的です。しかしスピード治療なら治療期間は通常の4分の1~2分の1、場合によっては半年で治療が終わることもあります。それは、簡単な外科的手法(コルチコトミー併用矯正・アンカーインプラント併用矯正)を用いて大きく距離を移動させることができるようになったため、驚くべきスピードで治療の短縮が可能となりました。

 

スピード矯正治療に関しての詳しい内容に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

スピード矯正のページ

 

また、歯列矯正治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント