矯正治療と歯茎の退縮

矯正治療で歯茎が下がってしまうことがあるとをごぞんじですか?

 

矯正治療では、ワイヤーのアーチで歯を並べます。そのため、あごの骨がない部分に歯が動いてしまうことがあります。骨のないところに歯が動くと、歯を支えている骨がないため歯茎も薄くなり、固い歯ブラシの使用や、歯ぎしりなどで歯茎が大きく下がってしまうことがあります。

 

特に成人の矯正ではあごの骨の成長は望めないために、歯茎の退縮を起こすことが多いように感じます。

 

治療・予防方法としましては、矯正治療前にあごの骨を作る急速増骨矯正法の使用や、矯正後に下がった歯茎を覆う歯茎の再生治療があります。

 

急速増骨矯正法は、歯の周りのあごの骨を作りあらかじめ歯の移動する部分に骨の厚みを確保する方法です。歯茎の再生は、下がってしまった歯茎をもとの位置に戻す方法です。

 

歯茎の退縮


矯正後の歯茎の退縮を回復させたケース

矯正後の歯茎の退縮
矯正後の歯茎の退縮

矯正後に歯茎が下がってしまっています。通常、このような歯茎はそのままにしていてもさらに下がってしまいますので、対策をとる必要があります。あまり知られてはいませんが,歯茎の再生治療を行う事で歯茎が回復します。

矯正後の歯茎の退縮を回復させる
矯正後の歯茎の退縮を回復させた状態

下がってしまった歯茎を歯茎の再生治療でもとの位置に戻しました。歯茎の厚みも増しましたので,将来的に歯茎が下がってしまうリスクが減ります。


歯茎の薄い方は矯正前に確認が必要です。

上下前歯の歯茎が薄く歯の根っこが透けて見える方が矯正治療をした場合、歯茎が下がりやすくなります。

特に歯を抜かずに矯正する場合は歯茎が下がりやすいため、矯正前に確認が必要です。一般的な矯正歯科ではあまり確認されていないことが多いのでご自身で薄いと思ったら確認されると良いのではないでしょうか。

 

もし歯茎が薄い場合は、歯茎が下がるのを予防するために増骨矯正法と言ってあらかじめ歯の移動するところに骨が無い場合は骨を増やしておく方法をとります。

 

増骨矯正法の詳しいページ

 

あごの骨の厚みが増すと歯茎が下がることを押さえることが可能になります。既に下がってしまっている場合は、矯正前に増骨を行い矯正終了後に歯茎を回復させる再生治療を行います。


歯と歯の間の隙間はハイブリッドセラミックで埋めます.

矯正治療後の歯と歯の間の隙間
矯正治療後の歯と歯の間の隙間

歯と歯の間の隙間をブラックトライアングルと言っています。ちょうど三角形の形で黒く見えるため、ブラックトライアングルと言われています.


こういったケースでは、歯を削らずに、ハイブリッドセラミックのペーストを接着させて歯の隙間を埋めます.

歯と歯の間の隙間の治療後
歯と歯の間の隙間の治療後

歯と歯の間をハイブリッドセラミックで埋める事でブラックトライアングルが消えました.歯茎がきれいな三角形の形に回復しました.


治療回数は1回で終わるのも喜ばれています.


料金は保険外治療となりますので、1本あたり¥30,000−(税別)の料金がかかります.


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


矯正治療と歯茎の退縮に関するブログ

歯茎が下がってしまった方の矯正治療

歯茎が下がってしまう方のための矯正治療について

 

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療は一度歯茎を回復させた上で、骨の再生治療をすることをお勧めしております。

 

増骨矯正方といっておりますが、歯の周囲の顎の骨を増やすことで、将来的に歯茎が下がりにくくなります。矯正治療をする際に骨がないと歯茎がまた下がってしまうことがありますので、歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

上の奥歯の仮歯の長さが長くなってしまっています。この部分は顎の骨も歯茎もないためにまずは歯茎の再生治療を行った上で、矯正治療の際には増骨矯正治療を行います。

まずは、歯茎の再生治療で歯茎の下がってしまったところを回復しています。約3ヶ月待って、矯正装置のセット、骨の再生治療を行います。

 

増骨矯正治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

お写真では、上奥歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上  JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です

歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療

あなたは歯と歯の間の隙間を気にされていませんか?

 

矯正治療後などに隙間ができて気になっているという方も多いようです。歯が重なってしまっている部分を並べた場合などに歯と歯の間の歯茎が下がってしまうことがよく起こります。

 

歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合、通常、歯茎を回復することが困難になります。

 

今回は、歯と歯の間の隙間を埋めたケースをご紹介します。

歯と歯の間の隙間を埋める治療例

歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療
歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療

歯並びによっては歯と歯の間に隙間が出来てしまう事があります.

 

この歯の隙間を埋めたい場合は、詰め物で埋めるか、マウスピース矯正や部分矯正で歯と歯の距離を近づける事で歯の隙間を埋める事が出来ます.

歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療
歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療

矯正治療中に、歯の形を少し四角くして歯と歯の距離を近づけています.

歯の隙間は埋まって気にならなくなりました.

 

合わせて、虫歯の治療を行い、全体的にきれいな歯並びになりました.

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

また、歯と歯の間の隙間の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

03−3251−3921

0120−25−1839


部分矯正治療やマウスピース矯正の注意点~

 

部分矯正治療や審美歯科治療は保険外診療となります。部分矯正上下前歯で20万円(税別)かかります。マウスピース矯正治療は保険外診療となります。マウスピース矯正上下前歯で10万円(税別)かかりました。マウスピース矯正は歯を動かす量によって料金が変わります。

 

部分矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

 

また、矯正治療期間は、目安となります。期間を保証するものではありません。


メモ: * は入力必須項目です

歯列矯正モニターの注意 骨が薄い方は増骨が必要なケースもあります。

歯茎の中の骨のCT像
歯茎の中の骨のCT像

歯列矯正をお考えの方で、成人の方は,通常顎の成長がほぼ終了しております。

 

 多くの場合で前歯の歯茎の周囲の骨が非常に薄いため、歯を抜かずに矯正をする場合、増骨矯正法を行う事で、歯茎が下がる事を予防し、後戻りを少なくする効果が期待できます。

 

 骨の厚みは病院内に設置してあるCtにて3次元的に確認することが可能になります。骨の薄い場合は歯茎が下がらないように対処することをお勧めしております。

 

 歯列矯正モニターの方を含めて矯正治療をお考えの方は歯茎の中の骨の状態を確認して増骨が必要かどうかをご説明いたします。

 

歯列矯正モニターをご希望の方は下記のページに詳しい内容を記載させていただいております。下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯列矯正モニターのページ

 

また、歯列矯正モニターをご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制となっております。ご予約をお取りになってからご来院ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、増骨矯正治療を行う場合、別途10万円(税別)の費用がかかります。

 

 

終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

歯と歯の間の隙間を埋める矯正治療

歯と歯の間の隙間が気になる場合に矯正治療を行う場合があります。

 

歯と歯の間に黒い三角形の隙間が見えてしまうことがあります。ブラックトライアングルと呼んでいますが、この隙間を気にされる方がいらっしゃいます。

 

歯の形が三角形で、間の歯茎が少し下がった時にこの隙間が目立つようになります。歯と歯の間をエナメル質といって表面の硬い歯の部分を染みない程度に削って、歯の間の隙間をマウスピースや部分矯正で歯を移動させて寄せることではと歯の間の隙間が埋まる場合もあります。

歯と歯の間の隙間を見えなくしたケース

歯と歯の間に隙間の矯正治療
歯と歯の間に隙間の矯正治療

お写真の場合は、歯並びによっては歯と歯の間に隙間が出来てしまう事があります.

 

ディスキングと言っていますが、歯と歯の間の部分を少し削って歯の移動する隙間を作った後に、マウスピース矯正で歯と歯の距離を近づける事で歯の隙間を埋めます。

歯と歯の間に隙間の矯正治療
歯と歯の間に隙間の矯正治療

治療後の状態です。もともと三角形に近い歯の形をしておりましたが、三角の角を丸めて隙間を作る事で少し四角形に近い形にしています。

 

 

マウスピースを使用して削った隙間がなくなるように移動をしております。

 

 

 

 

 

歯と歯の間の隙間の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯と歯の間の隙間の治療のページ

 

また、歯と歯の間の隙間の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

03−3251−3921

0120−25−1839


~審美歯科治療の注意点~

 

マウスピース矯正治療は保険外診療となります。マウスピース矯正上下前歯で10万円(税別)かかりました。マウスピース矯正は歯を動かす量によって料金が変わります。

 

マウスピース矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

 

また、矯正治療期間は、目安となります。期間を保証するものではありません。

歯茎が下がってしまった方の矯正治療

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療は一度歯茎を回復させた上で、骨の再生治療をすることをお勧めしております。

 

増骨矯正方といっておりますが、歯の周囲の顎の骨を増やすことで、将来的に歯茎が下がりにくくなります。矯正治療をする際に骨がないと歯茎がまた下がってしまうことがありますので、歯茎の再生治療を合わせて行うことをお勧めしております。

仮歯の長さが長くなってし待った時の審美歯科治療
仮歯の長さが長くなってし待った時の審美歯科治療

上の奥歯の仮歯の長さが長くなってしまっています。この部分は顎の骨も歯茎もないためにまずは歯茎の再生治療を行った上で、矯正治療の際には増骨矯正治療を行います。

まずは、歯茎の再生治療で歯茎の下がってしまったところを回復しています。約3ヶ月待って、矯正装置のセット、骨の再生治療を行います。

 

増骨矯正治療のページ


歯茎の再生治療の注意

 

お写真を見ていただいてわかるように歯茎が回復しております。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。お写真では、画面右前歯の再生治療を行っております。また、合わせてオールセラミックの再治療を行なっております。

 

 歯茎が下がって歯の根が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。このケースでは、歯茎の再生治療7万円(税別)オールセラミック 治療12万円(税別)かかりました。

 

 

また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

矯正治療を行う場合、顎の骨の厚みを考えて歯を動かします.骨の無い所に歯を動かして歯茎が下がってしまうケースを良く見かけます.

矯正と歯茎の退縮
矯正と歯茎の退縮

矯正治療を行う場合に歯茎のケアをする事はあまり一般的に知られていません.そのため、歯茎が下がってしまったりする問題が起こってしまうケースを拝見する事があります.

 

お写真のケースでは下の歯の犬歯が左右ともに長くなってしまっています.これは、犬歯の周りを覆う顎の骨が無いためです.

 

下がってしまった歯茎は歯茎再生を行い元に戻す事ができますが、矯正治療をまだ行ってない場合は、矯正前に、増骨矯正を行っておいた方が歯には良いでしょう.特に成人の方の矯正治療を行う場合は、歯茎が下がってしまう事がよく見られます。矯正治療前に歯茎の状態を確認してから矯正治療を始められる事をお勧めします.

 

増骨矯正に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

増骨矯正のページ

 

また、ただいま増骨矯正やモニター矯正治療をお考えの方に無料カウンセリングを行っておりますので、悩んでいないで今すぐフリーダイヤルにお電話ください.お電話がつながりましたら、矯正モニターの無料カウンセリングをしたいとお伝えいただきご予約をお取りください.お電話が繋がらない場合は下のメールお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


お電話が繋がらない場合や、無料カウンセリング前にご質問のある方はこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

メモ: * は入力必須項目です

歯茎が下がった方の矯正治療

矯正治療をお考えの方の中で歯茎が下がってしまっている方がいらっしゃいます.


歯茎の下がったまま矯正治療を行うとさらに歯茎が下がってしまう事が多いため、歯茎を回復させてから矯正治療を行う事をお勧めしております.


歯茎が下がってしまった方の矯正治療例

歯並びを気にされて来院されました。

歯茎が長くなってしまっているため、そのまま矯正をするともっと歯が長くなってしまいます。

歯茎の再生と同時に矯正をする急速増骨矯正法を行いました。

左の写真から1か月後の状態

上の歯には白い審美矯正装置を使用しています。また、前歯の形は削って丸くしています。

下の前歯は仮歯にしています。

通常の矯正治療ではこの結果は出ません。



成人の方の矯正治療をする場合歯茎の状態をしっかりと確認しないと、大変なことになることがあります。

歯は並んでも、歯茎がすごく下がってしまい、歯が長くなることがあります。歯茎が下がってしまうと、見た目の問題以上に、歯の周囲の支えている骨や繊維もなくなりますので、歯の寿命が短くなりますので問題です。

矯正前にしっかりと歯茎の再生を行うことで、歯茎が下がらなくすることが重要です。

 

骨の状態を確認するためにCTを撮影することもあります。

 

成人矯正のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、増骨矯正治療を行う場合、別途10万円(税別)の費用がかかります。

 

 

終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

歯茎の再生とと矯正 矯正治療で歯茎が下がった場合の処置

あなたの歯茎が下がってしまっている場合の矯正治療について

歯茎の再生 骨の再生

矯正中歯茎の中から歯の根っこが透けて見えています。

歯茎と骨を再生させて厚みを出しました。

矯正治療によって歯茎が下がってしまうことがよくありますので歯茎を丈夫にしてから矯正治療をすることをお勧めしています。

 

このように、歯茎の厚みを足してから矯正する方法を増骨矯正法と行っています.矯正後の後戻りが少ないと言う報告もあります.

 

増骨矯正のページ

 

矯正モニターをご希望の方で、歯茎の状態が悪い方はあらかじめ歯茎の下がる可能性をご説明いたします.矯正治療と歯茎の治療はセットで考える必要があります.歯茎が下がってしまった場合、早めの処置がおすすめです。期間を空ける程歯茎が下がってしまいます.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、増骨矯正治療を行う場合、別途10万円(税別)の費用がかかります。

 

 

終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

 

大人の方の歯茎の下がりにくくする矯正モニター治療

歯茎が薄い方は、矯正治療中に歯茎が下がってしまう事があります。

 

歯茎が下がらないようにするために、歯茎の厚みを厚くする(結合組織移植術)というほうほうがあります。歯茎が下がってから行うより歯茎が下がらないように予防するほうが効果的です。

 

ただ、(結合組織移植術)は保険外診療となります。1~3本の歯茎の処置で¥70,000-(税別)かかります。

歯列矯正モニターの注意
歯列矯正モニターの注意

歯列矯正をご希望される方は、歯列矯正中に歯茎が下がらないような処置をお勧めしております。歯茎が下がらない方が見た目にもよく見えます。

 

お写真のように歯茎が薄い方は歯茎が下がる事があります。歯列矯正治療中に歯茎が下がってしまったり、歯列矯正後しばらくしてからだんだんと歯茎が下がってしまったりする事があります。

 

歯列矯正モニターでは歯茎を下げないようにする矯正治療を行っていますので、ご相談ください。

 

矯正治療と歯茎の退縮に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。歯茎が下がってしまっている方はクリックしてご覧ください。

 

矯正治療と歯茎の退縮に関する詳しいページ

また、矯正モニターをご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921


矯正治療の注意

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。


歯を抜かずに矯正治療

歯並びが悪い場合、歯を抜いてデコボコを取る場合があります。ただ、抜かなくて良い場合はなるべく歯を抜かない方が良いと考えております。

矯正治療をする際に歯を抜くか抜かないか決める必要があります。

 

部分矯正治療や、マウスピース矯正の場合、通常歯を抜かずに歯並びを整えていきますが、反対咬合や出っ歯の治療を行う場合は場合によっては歯を抜くことで歯並び・かみ合わせを調整する必要があることがあります。

 

また、口元が出てしまっている場合は歯を抜いて下げることで見た目を改善させる場合もあります。

矯正の抜歯
矯正の抜歯

矯正治療を行う場合、当院では基本的には歯を抜かないように治療を行っています.マイクロインプラントで全体に奥に引っ張ったり、増骨矯正を行ってあごの幅を広げたりします.(骨格的な変形がかみ合わせに影響している方は基本的に外科矯正の可能性を考えます。)

 

成人の方の矯正治療の場合、歯茎の状態も確認しながら、歯並びを広げる必要があります。歯茎が薄い場合は歯茎が下がってしまうためです。そのため、抜かずにあごの幅を広げる場合は増骨矯正法を行う事があります。

 

また、基本的には歯を抜かないのですが、横顔の状態を見て、口元が出た感じにしまっている場合は歯を抜く事をお勧めする場合もあります.

 

また、なるべく歯をひっこめたい方も多いので、抜歯を希望される方もいらっしゃいますが、歯を抜いて前歯をひっこめると唇が薄くなり、口元が張りがなくさびしい感じになる場合もありますのでお顔の感じが重要になります。

 

また、部分矯正やマウスピース矯正の方の場合は基本的に歯を抜かずに治療を行います。歯を抜く必要がある場合は基本的に全体に矯正装置をつけさせて頂く事が多いです。

 

歯列矯正に関して詳しく知りたい方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。


歯列矯正のページ

 

また、矯正治療のための抜歯の料金は1本¥3,000-(税別)かかります。保険が効きません。この料金は薬代なども含めた料金になります。

 

 

ただいま矯正治療モニターを希望される方に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


矯正治療の注意

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。


歯列矯正モニターの注意 歯茎が下がる歯周病に注意

矯正治療後に歯茎が下がることが多いため、矯正治療をお考えの方は歯茎のケアをしながら矯正治療を行う必要があります。

 

歯列矯正のモニター希望の方はほとんどが成人矯正の方ですので、未成年より歯茎の問題が出やすいようです。

 

また、成人の矯正治療を行うとき一番問題となるのが歯周病です。歯周病が進行している部分の矯正治療を行うとき、炎症があると矯正治療中に歯周病が大幅に進行する可能性があります。

矯正治療中は歯ブラシがしにくくなりますので、よりしっかりと歯磨きの管理をしなくては歯周病が進行するリスクが高まります。

 

矯正治療を行う前に歯周病の炎症がなくできれば歯周ポケットが正常な状態にしてから、矯正治療を行うことが理想です。

歯列矯正モニター希望の方は、歯周病の状態が安定してから矯正を始めます。遠方の方は、お近くの歯科医院で歯周病の治療をしてから始めさせていただくこともあります。

 

矯正治療を行ったことで歯茎が下がってしまった方からのご相談も多いのでかなりの数の方が矯正治療の結果歯茎が下がってしまっているものと思われます。矯正治療前に歯茎の状態を確認する必要があります。また、矯正治療後に歯茎が下がってしまった場合に歯茎を再生させて回復させる方法もあります。歯茎の再生治療という方法です。

 

そのほかの成人矯正治療の注意は下記のページに記載させていただいております。成人の方で矯正治療をされる方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

成人矯正の注意のページ

 

また、歯列矯正モニターを希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングはご予約制となりますので、ご予約をお取りになってからご来院ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839

 

歯茎が下がるってどういうことでしょうか?

矯正治療前に歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎がさらに下がらないように対処しておく必要があります。

 

歯茎の再生治療はその方法の一つです。

~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。

この記事にご興味を持たれた方は上のシェアボタンのクリックをお願いいたします。

矯正モニター治療を希望される方、歯茎の状態は大丈夫でしょうか?

矯正治療前に歯周病や虫歯がある方は、矯正中に歯周病や虫歯が進行してしまうことがあります。


矯正モニター治療を希望される方は、あらかじめかかりつけの歯科院などで定期検診をされてからご来院いただいた方が良いかもしれません。


ひどい歯周病の場合は歯茎の中まで歯石がついてしまいます。

矯正前に歯石取り
矯正前に歯石取り

お写真は歯茎の中の歯石です。このように歯茎の中に歯石がついてしまっている状態で矯正治療を行うと骨が吸収してしまい、矯正後に歯茎が下がったりしてしまいます。

 

そのため、矯正治療前にしっかりと歯石を取ることをお勧めします。特に成人の方の矯正治療を行う場合は、歯周病の予防をするあるいは治療を行うことがたいへん重要になります。成人の方の半分ほどの方は、歯茎の中の歯石を取る必要があります。

 

歯石を取らずに矯正治療を始めると歯周病の進行が進んでしまうリスクが高まります.しっかりと歯茎の中を含めて歯石を取り除く事が重要になります.

 

矯正治療と歯茎の退縮の詳しいページ

 

矯正治療モニターをご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03-3251-3921

成人の方の矯正治療は歯茎が下がるのを予防します。

歯茎が下がるってどういうことですか?

 

CTで歯の位置をみると、歯の周囲のほねが異常に薄い場合があります。骨の薄いところの歯茎は下がりやすいことが知られています。

 

どうやって歯茎の下がるのを予防しますか?

 

まずは、骨の状態をCTなどで検査することが必要です。

歯科用CTで顎の骨の確認
歯科用CTで顎の骨の確認

成人の方が矯正をされる場合,骨の成長が無いため,歯並びを広げて並べる場合,顎の骨がないと歯の根っこが顎の骨から飛び出してしまい、歯茎が下がってしまいます。

 

歯茎が薄い場合は、矯正前に骨を増やす増骨矯正法を行うかどうか判断する必要があります。

顎の骨の確認に歯科用CTを撮影する場合もあります。

 

特に前歯の歯茎は下がりやすいため、しっかりと検査する必要があります。

 

矯正治療を行った方の中には歯茎が下がって悩まれている方も多いようです。歯茎を回復させて再生させる治療のみを行いにご来院される方も数多くいらっしゃいます。歯茎の再生させる治療は保険のきかない治療となりますので、料金・治療方法のご説明が必要になります。まずは無料カウンセリングにお越しいただいております。

 

歯茎の退縮に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の退縮のページ

 

また、ただいま矯正モニターを希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。お口の中を拝見したうえで治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120-25-1839

歯茎が下がっている場合は、歯茎が薄いのかもしれません.矯正治療のときは注意が必要です.

歯茎が下がって来たという方は歯茎が薄いのかもしれません.

 

矯正治療中にさらに歯茎が下がってしまう事がしばしばありますので気をつける必要があります.

 

歯茎が薄い場合や、歯が揺らされる場合は歯茎が下がりやすクなりますので、気をつけて歯ブラシをする必要があります.

 

歯茎が下がってしまった場合,ご存じない方も多いのですが,歯ぐきの再生治療という方法で歯茎を回復させる事が可能です。

 

今回は、差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療ケースをご紹介いたします.

歯茎が下がってしまったときの治療

歯茎がさがったケース
歯茎がさがったケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矯正治療や差し歯の治療後に歯茎が下がってしまった場合,歯茎を回復させる治療があります。

歯列矯正をされた方の歯茎が下がってしまう事がよくありますが、歯茎を回復させる事が可能です。

お写真の方の歯茎はかなり上の方まで無くなってしまっているのが分かるかと思います。こういった歯茎を回復します。

歯肉の再生治療と言っていますが,前歯の見た目も改善します。

歯茎の再生とオールセラミックで治療
歯茎の再生とオールセラミックで治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下がってしまった歯肉を回復させた上で、色合いの悪かったオールセラミックを作り直しました。

少しはブラシの状態が悪いようですが,きれいに歯茎が回復しています。

矯正治療後に歯茎が下がってしまったと言う方は、下記のリンクページに歯ぐきの再生治療に関して詳しく説明させて頂いております.クリックしてご覧ください。


矯正治療と歯茎の再生の詳しいページ

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミック 4本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)オールセラミック 4本で36万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

増骨矯正法で顎の幅の狭い方でも歯を抜かずに矯正します。

あなたの歯並びが悪い原因はあごの大きさかもしれません。

 

矯正治療を行う場合、歯を抜いて治療するものと思われている方も多いのですが,極端な出っ歯など口元の出てしまっている場合を除いて基本的に歯を抜かずに矯正治療を行っています.

 

何の工夫もなく歯を抜かずに矯正治療を行うと出っ歯になってしまいますので、奥歯の歯並びを広げたり、奥歯を奥に引っ張ったりして前歯が出っ歯にならないようにする必要があります.

 

奥歯の歯並びを広げたり、矯正用のインプラントで奥歯を奥に引っ張る事で、歯が並びきらなかった歯並びを歯を抜かずに並べる事ができる可能性があります.

 

通常、矯正治療を行う場合,歯の位置は顎の骨の幅の範囲で移動させることになります。

 

増骨矯正法は、骨を矯正と同時に作ることで顎の幅の狭い方の場合でも幅を広げる矯正を行うことができます。

 

増骨矯正法によって、顎の幅を広げるように歯並びを広げても歯茎が下がるリスクが抑えられます。これは、歯の根っこの周りに顎の骨があるため,顎の骨が歯茎を支えて歯茎の下がるのを予防するためです。

 

増骨矯正法でなるべく歯を抜かずに治療を行うことができる場合があります。増骨矯正に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

増骨矯正のページ

 

また、歯列矯正を希望される方はただいま無料カウンセリングをおこなっております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

 


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

この料金は標準的な料金となります。白いワイヤーや、拡大装置など使用する場合は、別途料金がかかります。

 

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

矯正後、歯茎が下がった場合に治療する方法

歯茎再生
歯茎再生

あなたの歯茎が下がってしまった場合、どういう治療方法があるかご存知でしょうか?

 

矯正治療後に歯茎が下がってしまい、気にされた患者様がよくいらっしゃいます。矯正後の歯茎の退縮は時間をおいて待っていても元には戻らないばかりか、さらに歯茎が下がっていってしまうことの方が多いです。歯茎が下がってしまった場合、見た目以上に知覚過敏・虫歯・歯周病のリスクが高まります。

 

歯茎がお口の粘膜まで下がってしまった場合は特にご注意ください.

 

せっかく矯正治療できれいな歯並びになっても、見た目の問題が解決されないのでは矯正の喜びも半減ではないでしょうか?

 

下がった歯茎の回復方法がございます。

 

矯正後に歯茎が下がってしまった場合は歯茎の再生治療で対応いたします。歯茎の再生治療は簡単な処置で、お痛みもほとんど感じないことの方が多い処置です。お気軽にご相談ください。

 

歯茎の退縮の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

矯正治療と歯茎の退縮のページ

 

矯正治療と歯茎の退縮のページでは、歯茎の回復させる治療の症例写真で解説させていただいております。歯茎が下がってしまっても経過を見るだけでは歯茎は回復しないどころかさらに下がってしまうことが多いので、歯茎が下がってきたと思ったら早めに歯茎の再生治療をされることをお勧めしております。

 

歯茎の退縮の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

まずは無料カウンセリングのご予約をお取りください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

増骨矯正法で歯茎の退縮を予防します.

矯正中や矯正後に歯茎が下がってしまう事があります.


矯正治療で歯茎が下がらないようにするために、骨の無い部分に歯を動かす場合は顎の骨を作ってから歯を動かすようにしております.この方法を急速増骨矯正法(和訳)と言っております.

増骨矯正法のケース

増骨矯正法
増骨矯正法

顎の骨の小さい方は歯が並びきらない場合があります.単純に骨の無い部分に広げて歯を並べると歯茎が下がってしまう事が考えられますので,拡大する前に顎の骨をお作りする方法が増骨矯正法です.

増骨矯正法 術後
増骨矯正法 術後

増骨矯正法によって歯を並べた状態です.歯茎が下がるのを抑えながら矯正治療を行いました.上あごの骨を増骨しております.かなりの人工骨を入れました。極端に顎の見た目が変わる程にはなりませんのでご安心ください.

 

詳しくは下記の増骨矯正法のページに記載させて頂いております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

増骨矯正法のページ

 

 


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、増骨矯正治療を行う場合、別途10万円(税別)の費用がかかります。

 

 

 

終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

矯正モニターの注意 歯茎が下がっている場合の成人矯正治療

矯正前にご確認ください。あなたの歯茎は下がっていませんか?

 

特に成人の方は歯茎が下がってしまた状態で矯正治療を行うことはお勧めしておりません。歯茎を丈夫にしてから矯正治療をすることをお勧めしております。

 


歯茎が下がってしまっている場合は注意が必要です。

歯茎が下がる
歯茎が下がる

写真右側2番目の歯は歯の長さが長くなって歯茎が下がってしまっているのがわかるでしょうか?

 

歯茎が下がってしまった方は矯正後にさらに歯茎が下がってしまう事が予想されます.そのため、歯茎の再生治療を治療前か治療後に行う事をお勧めしています.せっかく歯が並んでも歯茎が下がってしまう事になります.

 

成人矯正治療の場合このケースのように歯茎を気にしなくてはいけないケースがよくあります.

 

矯正モニターの方は矯正以外に治療費がかかる可能性がありますので治療前にお話しさせていただきます.

 

矯正モニターのページ

 

歯茎が下がってしまった方も歯茎の再生治療によって歯茎を回復させる事が可能になります。


矯正モニター治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03-3251-3921


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

成人の矯正治療をされる方にお勧めの方法

成人の方で矯正治療を考えている方へのご案内です.

 

成人の方の矯正をする場合、治療期間が短くしたいという必要性や、歯茎が下がらないように処置をしなくてはいけないことや、歯周病や虫歯の場合の矯正との併用処置を考えなくてはいけません。

 

成人の方の矯正治療は、子供の矯正治療とちがいあごの骨の成長が止まっています.

 

歯を抜かずに矯正治療を行うにはあごの骨を増やす必要がある場合があります.また、期間が長くかかる事で歯周病や虫歯のリスクが高まります.

 

矯正治療の期間を早くしたいかた、歯を支える骨が薄い方にお勧めの急速増骨矯正法

 

矯正をして歯が長くなってしまうのを予防します。

 

急速増骨矯正の説明ページ

 

前歯だけの歯並びを短期間に終わらせたい方は、急速スピード部分矯正法も行っております。急速スピード部分矯正法は、前歯の歯並びを1〜3ヶ月程で並べる方法です。下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

急速スピード部分矯正法のページ

 

また、ただいま成人の方で矯正治療をお考えの方は無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方に成人矯正治療を受けていただきたいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03-3251-3921

0120-25-1839


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。当院では、モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

増骨矯正などは、別途料金がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

歯茎が下がってしまった場合のモニター矯正

歯茎が下がってしまっている方の矯正治療を行う場合,矯正治療前か矯正治療後に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.

 

既に歯茎がかなり下がってしまっている場合は矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております。

 

通常歯茎が下がっている方が矯正治療を行うと矯正治療中に歯茎が下がっていきます.そのため、歯茎が下がりにくいように下がった歯茎の部分を矯正治療前に歯ぐきの再生治療を行って歯茎を回復させるだけでなく、歯茎の厚みを増やして矯正治療中に歯茎が下がりにくい状態にしております.


矯正モニター治療前に歯茎が下がってしまっているケース

矯正モニター

矯正モニター治療をご希望の方の中には歯茎が非常に下がってしまっている方がいらっしゃいます.このままの状態で矯正治療を行うと歯茎がさらに下がってしまう事になってしまいます.お写真のケースでは、変色した歯の根っこが露出して歯が長くなってしまっています.

 

こういったケースでは、まず歯茎の再生治療行い、歯茎の状態を回復させた後に増骨矯正治療で骨を増やして短期間に矯正治療をする事をお勧めしております.

矯正モニター

下の前歯の下がってしまった歯茎に、歯ぐきの再生治療を行い、その後装置を付けた後、増骨矯正法を行いました.矯正装置が入って歯を動かし始めても歯茎の厚みが確保できていますので、歯茎が下がる心配が軽減します.もし歯茎が少し下がったとしても矯正治療後に再度歯茎の再生治療を行う事で歯茎を回復させる事ができます.

 

増骨矯正法で歯の周囲に骨を作るのは矯正期間中だけできる方法だと考えられています.

 

歯茎の退縮と矯正治療に関しては下記のリンクページにも詳しい内容を記載しております。クリックしてご覧ください.

 

歯茎の退縮と矯正治療のページ

 

 

 


~増骨矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

また、増骨矯正治療を行う場合、別途10万円(税別)の費用がかかります。

 

 

 

終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。